民進・野田幹事長も白紙領収書「反省している」 パーティー代金支払いで – ZAKZAK

Home » 政治スキャンダル » 後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 » 民進・野田幹事長も白紙領収書「反省している」 パーティー代金支払いで – ZAKZAK
後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 コメントはまだありません




 民進党の野田佳彦幹事長は10月31日の記者会見で、2012〜14年に同僚議員の政治資金パーティーで代金支払いの際に白紙の領収書をもらい、自身の事務所で書き込んだと明らかにした。

 野田氏は「社会通念上問題があり、反省している。パーティーに代理で行った者と会計処理した者には厳重注意した」と説明した。書き込んだ金額は3万円が1件、2万円が2件の計3件だという。

 同様の事例は、菅義偉官房長官や稲田朋美防衛相ら閣僚の事務所でも見つかっている。民進党で公表したのは野田氏が初めて。






LEAVE A COMMENT