貿易交渉はこれからが“本番”、首脳蜜月でも警戒の声 「ロン・ヤス関係」時代も貿易摩擦 – 産経ニュース

Home » 政治スキャンダル » 後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 » 貿易交渉はこれからが“本番”、首脳蜜月でも警戒の声 「ロン・ヤス関係」時代も貿易摩擦 – 産経ニュース
後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 コメントはまだありません



 日米首脳会談では両国トップの蜜月ぶりが際立った。だが、懸案の通商分野は新たに設置するハイレベル経済対話に検討を先送りした。トランプ米大統領が政権運営の手本にするレーガン元大統領時代にも、日本は貿易摩擦に見舞われただけに、自動車とともに焦点になりそうな農業分野で「かつての『牛肉・オレンジ交渉』並みの攻勢を受けるのでは…」と警戒する声が出ている。(田辺裕晶、高木克聡)

 「今回は日米で議論の枠組みを設定しただけ。具体的な交渉はこれからだ」 

 経済官庁幹部は経済対話の設置に気を引き締める。首脳会談で、自動車市場や為替をめぐり対日批判を繰り返したトランプ氏の“暴言”は鳴りを潜めた。

 ただ、多額の貿易赤字を抱える米側の不満はくすぶったままだ。2国間の貿易関係や財政・金融などのマクロ経済政策は、近く始まる経済対話で改めて協議する。和やかだった首脳会談とは異なり、経済対話では厳しい局面も予想される。

 1980年代にはレーガン元大統領と中曽根康弘元首相が「ロン・ヤス」関係と呼ばれる信頼関係を築いた。だが、その間にも日米は自動車や半導体、農業などの分野で貿易摩擦が激化。「ドル安・円高」による米国の貿易赤字改善を目指した85年のプラザ合意を経て、日本はバブル景気と失われた20年と呼ばれる景気停滞に陥った。

 それだけに全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は「2国間交渉で農産物の話になればいい話が出るはずがない」と危機感を募らせる。脳裏をよぎるのは88年に決着した牛肉・オレンジ交渉だ。

続きを読む





LEAVE A COMMENT