中国が顔色を失った瞬間… 〝暴言王〟トランプ次期大統領が発言「中国が嫌がっても無視すればいい」 – 産経ニュース

Home » 政治スキャンダル » 後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 » 中国が顔色を失った瞬間… 〝暴言王〟トランプ次期大統領が発言「中国が嫌がっても無視すればいい」 – 産経ニュース
後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 コメントはまだありません



 先月の米大統領選で、ドナルド・トランプ氏が勝利した際にはおおむね歓迎ムードだった中国だが、どうやらあてが外れたようだ。中国は当初、経営者であるトランプ氏は安全保障上の対立を回避して経済利益確保を重視するとみていたフシがあるが、その見通しを裏切る事態が続いている。

次々と批判 

 トランプ氏は今月2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、米台の緊密な結びつきを確認した。次期大統領が台湾の総統と接触したのは、1979年の米台断交以来初めてのことである。

 当然、中国側は「『一つの中国』政策が中米関係の基盤だ」と反発して米側に抗議したが、トランプ氏側は意に介さない。米CNNによると、トランプ氏の経済顧問、スティーブン・ムーア氏は5日、ラジオ局のインタビューに対し、こう言い放った。

 「中国に失礼でも私の知ったことではない」

 「われわれは同盟国を支援しなければならない。中国が嫌がっても、無視すればいい」

 また、トランプ氏自身も4日、ツイッターにこう書き込み、中国の痛いところを突いた。

続きを読む





LEAVE A COMMENT