「暴君」の首に鈴をつけてくれ! 安倍晋三首相に寄せられるドゥテルテ対策への期待 – 産経ニュース

Home » 政治スキャンダル » 後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 » 「暴君」の首に鈴をつけてくれ! 安倍晋三首相に寄せられるドゥテルテ対策への期待 – 産経ニュース
後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 コメントはまだありません



 「日本が南シナ海問題で最も貢献できること、何か分かる?」

 外務省幹部に唐突に問われ、「自衛隊と米海軍の共同訓練の拡大」「南シナ海沿岸国への能力支援構築の充実」「日米共同パトロールの実施」などを思いつくままに列挙した。案の定、いずれも不正解。答えは、南シナ海問題の鍵を握るあの“暴君”の首に鈴をつけることだった。

 「売春婦の息子」「地獄へ落ちろ」-。オバマ米大統領に過激な暴言を次々と浴びせるフィリピンのドゥテルテ大統領だ。外務省幹部によると、米政府はフィリピンとの関係改善に汗を流しているものの、あまりにかたくななドゥテルテ氏の態度に最近では「諦めムード」も漂い始めているという。必要以上にドゥテルテ氏にすり寄れば、大国としての沽券に関わるという事情もあるようだ。

 とはいえ、中国が一方的な海洋進出を強行する南シナ海の秩序と安定を守るためには、南シナ海での権益をめぐる「比中仲裁裁判」で全面勝利をもぎ取ったフィリピンを日米陣営につなぎ止めておく必要がある。そこで安倍晋三首相の出番となる。

 外務省幹部は「国際政治の舞台では国ごとに役割分担をすることは珍しくない。米国は安倍首相にドゥテルテ氏を飼い慣らしてほしいと期待している」と説明する。

続きを読む





LEAVE A COMMENT