「南シナ海の仲裁判断、一時的な棚上げで『和解』ではない」 古賀慶・南洋工科大学助教に聞く – 産経ニュース

Home » 政治スキャンダル » 後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 » 「南シナ海の仲裁判断、一時的な棚上げで『和解』ではない」 古賀慶・南洋工科大学助教に聞く – 産経ニュース
後藤祐一衆院議員 防衛省職員への暴言問題 コメントはまだありません



 南シナ海での中国の主権主張を否定した仲裁裁定について、フィリピンが首脳会談で順守を求めなかったのは、一時的な「棚上げ」に応じただけで「和解」ではない。今後の2国間協議で、再び裁定順守を迫り中国から譲歩を引き出す展開もあり得る。少なくともその可能性は捨てていない。

 中国との領有権交渉で、仲裁裁定を前提とするドゥテルテ大統領の姿勢は一貫している。存在自体を無視する中国と認識は乖離(かいり)している。中国の態度を変えられない以上、認識の違いは見て見ぬふりをして中国の顔を立てたほうが、建設的であると判断した。

 仲裁裁定後は大規模な埋め立てなどの中国の現状変更行動は認められておらず、外交摩擦は残るものの一定の安定が維持されていることも対話を促す一因と捉えられる。

 ドゥテルテ氏が中国に歩み寄る姿勢を示した理由に反米感情が挙げられるが、米国のコミットメントを試す意味合いもある。

 米国の「航行の自由」作戦後も中国は南シナ海の軍事拠点化を続け、米国の対中抑止力に疑問の声が挙がっている。また米国が主張する国際法がフィリピンの主権を中国が侵害したと認めたにもかかわらず、同盟国として中国への軍事的圧力を加えるなどの具体策を示していない。

 米大統領選がアジアへの「リバランス(再均衡)政策」にどう影響するか見極める必要もあり、外交政策で不透明感の高まる米国を牽制(けんせい)している。(談)





LEAVE A COMMENT