1億4千万円脱税疑い ビル型墓地運営会社社長を逮捕 – 日本経済新聞

Home » 企業不祥事・事件 » 脱税・申告漏れ » 1億4千万円脱税疑い ビル型墓地運営会社社長を逮捕 – 日本経済新聞
脱税・申告漏れ コメントはまだありません



 架空経費を計上するなどし、4年間で法人税約1億4300万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は12日、ビル型墓地施設「梅旧院光明殿」(大阪市浪速区)を運営する「光明殿」社長、山口幸子容疑者(63)=兵庫県芦屋市=ら3人を法人税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。

 特捜部と大阪国税局は同日、同社や山口容疑者の自宅などを家宅捜索した。

 ほかに逮捕されたのは同社の実質経理担当、和井田寛重容疑者(74)=奈良市=と、別会社の役員、上月啓右容疑者(76)=大阪府豊中市。

 3人の逮捕容疑は共謀し、光明殿が上月容疑者の会社に架空の業務委託をして経費を計上する手口で、2014年8月期までの4年間に法人所得約5億2800万円を隠し、法人税約1億4300万円を免れた疑い。

 登記簿などによると、同社は02年2月設立。16年8月期の売上高は約3億8千万円だった。ビル型墓地施設は9階建てで、山口容疑者もテレビCMなどでPRしていた。





LEAVE A COMMENT