奈良の不明女性と確認=容疑者の元同僚、広島遺体 – 時事通信

Home » 企業不祥事・事件 » 商法・証券取引法違反 » 奈良の不明女性と確認=容疑者の元同僚、広島遺体 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません



 奈良県で女性が行方不明になり、広島県呉市の民家から身元不明の遺体が見つかった事件で、奈良県警捜査1課は13日、遺体は行方不明の同県斑鳩町龍田、飲食店パート従業員田島友美さん(35)と発表した。
 田島さんは死体遺棄容疑で逮捕された飲食店店長染井俊一容疑者(37)の元同僚で、同課は死亡の経緯などを調べる。
 同課によると、遺体は民家の屋内で、袋などに入った状態で見つかった。今月4~7日の間に死亡したと推定される。死因は不明という。
 染井容疑者は約2年前、田島さんが勤務する奈良県内の飲食店で店長を務めていた。田島さんは4日午前、染井容疑者と同県大和郡山市内の路上で会った後、行方が分からなくなった。遺体は染井容疑者の供述に基づき発見された。(2017/10/13-11:59)

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】





LEAVE A COMMENT