豊田真由子氏 暴言効果で?誕生日プレゼントも – エキサイトニュース

Home » 政治スキャンダル » 豊田真由子衆院議員 秘書への暴行・暴言問題 » 豊田真由子氏 暴言効果で?誕生日プレゼントも – エキサイトニュース
豊田真由子衆院議員 秘書への暴行・暴言問題 コメントはまだありません



 第48回衆議院選挙が10日、公示された。埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は埼玉・新座市の東武東上線志木駅前で街頭演説を行った。5人の争いとなる。豊田氏が到着し、選挙カーから降りると、やじ馬的な聴衆などから真由子コールが起こった。

 豊田氏の後援会に所属しているという和光市在住の70代主婦2人は「頑張っている真由子ちゃんに」ということで、この日が誕生日の豊田氏へ花束を贈呈。豊田氏は「誕生日のことは忘れていた。頂いて初めて『あ、そうだったな』と思い出した」と喜んだ。「このハゲーーッ!」と元秘書へ暴言を吐き、その音声がワイドショーで何度も取り上げられた豊田氏の“知名度”は抜群。街頭演説にはやじ馬など約150人が集まった。同日、他の候補者が豊田氏と入れ違いで同じ場所で演説を行ったが、豊田氏が最も盛り上がったようだ。

 豊田氏は「埼玉4区の候補者の中で唯一の、一応、わたくし女でございます。こんなみすぼらしい私のために集まっていただいて…」と感極まった様子で、通行人や有権者へ訴えた。

 すると20代後半~30代のタトゥーの入った男性3人組の中から、1人が豊田氏へ近づき握手。その後「豊田真由子、かわいい!」と叫んだ。男性を直撃すると「(話題になった)顔やメークではなく、生きざまがかわいいなと思って…」と語った。

 また、豊田氏が「有権者の許しはそんな優しいものじゃない。通り過ぎる人の中にもお叱りの気持ちを持っている人がいる」と話したように、男性から「4区の恥!」と怒号を浴びる場面もあった。票に直接つながるかどうかは別として、多くの聴衆が集まる“人気者”ではあるようだ。





LEAVE A COMMENT