長嶋一茂、生放送中に「北朝鮮ミサイルより野球だろ」発言で番組混乱の背景 – デイリーニュースオンライン

Home » 企業不祥事・事件 » 長嶋一茂、生放送中に「北朝鮮ミサイルより野球だろ」発言で番組混乱の背景 – デイリーニュースオンライン
企業不祥事・事件 コメントはまだありません



長嶋一茂、生放送中に「北朝鮮ミサイルより野球だろ」発言で番組混乱の背景(写真はイメージです)
長嶋一茂、生放送中に「北朝鮮ミサイルより野球だろ」発言で番組混乱の背景(写真はイメージです)

 元プロ野球選手の長嶋一茂(51)が15日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)のエンディングで、日本中を震撼とさせている北朝鮮のミサイル発射問題に対し、「広島がマジック1、ソフトバンクがマジック1なのに。北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな」と突然発言し、出演者一同があっけに取られるというハプニングが起こった。同番組ではこの日、構成を大きく変更して襟裳岬の東2200キロメートルの太平洋上に落下した弾道ミサイルについて特集していた。

 この問題発言にはTwitterをはじめとするSNSでも波紋を呼び、「たしかにミサイルくらいで騒ぎすぎ」という賛同も一部見られたものの、「ミサイルと野球を比べるなんてありえない」「まさに野球脳!」「これが50歳過ぎた大人の発言なの?」と非難が殺到。Yahoo!検索でも、話題のキーワードに「長嶋一茂」が急上昇するなど、多方面で物議を醸している。「一茂の空気を読まない野球脳は今に始まったことではありません」と説明するのはある週刊誌記者。

「じつは4月7日にも同番組で同じようなことがあった。番組では国民の安全のため緊急を要する北朝鮮のミサイルについて取り上げていたら、一茂は話が難しいのか終始ずっと黙っていた。しかし『ミサイルの角度が45度』と聞くや態度を一変し、『それ、ホームランを打つ角度と一緒だね』と強引に口を挟み、その場の空気を微妙なものにした。羽鳥が何のことだか分からず沈黙すると『よく飛ぶんですねよー、田淵(幸一・70)さんのホームランと同じ角度です』とさらにかぶせて来る始末。羽鳥は急いで『田淵さんの話は後でお聞きします』とさえぎり、共演者たちと”分からないなら黙ってろ”と目で合図するようにして事なきを得ました」

 映画『SCOOP!』(2016年公開)の中でも、福山雅治(48)演じる中年カメラマンが何でも野球に例えて、二階堂ふみ(22)扮する若い編集者が困惑するというシーンがあった。野球の例え話は世間一般には分かりづらく、嫌われるオジサンの典型だとも。だが、あるテレビ番組ディレクターは発言の背景に「一茂なりの考えがあるのでは」という見方もしている。

「(前出の「ギャーギャー言うな」)発言には伏線があって、一茂は番組中に3度も『Jアラートが通勤通学中に流れたら、どうすればいいの?Jアラートは本当に必要なの?』と素朴な質問をくり返したが、コメンテーターの玉川徹(53)に『なに言ってんの?』と冷たくあしらわれていた。危機だけ煽って具体的なJアラート対処法を説明しない番組構成に腹をたて、エンディングでちゃぶ台返しをしたかったのかもしれません」

 ともあれ、娯楽の野球と、生死に関わるニュース比べるのはいかがなモノかと思う。江角マキコでなくとも視聴者の多くの心に「バカ息子」の文字が浮かんだことだろう。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。





LEAVE A COMMENT