阪神に6年連続勝ち越しの巨人 CSファーストS突破気分 – 東スポWeb

Home » 企業不祥事・事件 » DeNAまとめサイト問題 » 阪神に6年連続勝ち越しの巨人 CSファーストS突破気分 – 東スポWeb
DeNAまとめサイト問題 コメントはまだありません



由伸監督(左)が見据える先は…

 巨人が14日の阪神戦(甲子園)に延長12回、2―2で引き分けた。9回二死から追いつく粘りを見せ、この日の優勝決定を期待した広島を一瞬、喜ばせたが、逆転勝ちとまではいかず。それでも阪神相手に今季の勝ち越しを決め、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでの対戦に嫌な感じを植えつけることに成功した。ただ、チームが見据えているのは阪神ではないようで…。

 勝ちたかったが、負けなかった。先発・菅野は初回に2点を失う苦しい立ち上がり。それでも2回以降は立ち直り、7回まで無失点に封じて援護を待った。打線は秋山攻略に苦しんだが、秋山が6回で降板すると風向きが変わる。8回に陽岱鋼の適時打で1点差に迫ると、9回二死一、二塁で長野がドリスから左前へ同点適時打。土壇場で試合を振り出しに戻した。

 試合はそのまま引き分け、今回の3連戦は1勝2分け。阪神とのゲーム差は5・5と、残り14試合での2位浮上は限りなく厳しい状況となった。

2位と3位では、CSファーストステージの主催権をどちらが得るかという興行上の大きな違いがある。巨人としても当然、手に入れたい権利であるのは間違いない。ただ2位を逃したとしても、現場のショックはほぼないと言っていい。

 V逸が決まってしまった今、巨人が恐れているのはCS進出を逃すことだけだ。この日DeNAが広島に敗れ、1差で3位を維持。上げ潮のチームは「CSに出られさえすれば、広島ともう一度やれる」という自信に満ちている。

 この日で阪神には今季12勝8敗2分けとし、6年連続の勝ち越し(10年連続負け越しなし)を決めた。敵地成績でも6勝3敗2分けと圧倒。「甲子園は、むしろホーム」と言い切るスタッフは「阪神とのファーストステージは3本柱の菅野、マイコラス、田口の誰でいってもいい。問題は連勝突破できるかどうか」と、すでに広島行きが決まっているような口ぶりだ。

 阪神3連戦を終えた由伸監督は「追いかけるほうですから、全部勝たなくちゃいけないんですけど…」と悔しさをにじませたが「負けなかったという部分も、良しとしないといけないのかな」と表情に暗さはなかった。自信を取り戻し、今や虎を完全に見下ろす巨人。描くポストシーズンの大逆転劇は実現するか。





LEAVE A COMMENT