DeNA南場会長「完全に配慮欠けた」まとめサイト問題 – 朝日新聞

Home » 企業不祥事・事件 » DeNAまとめサイト問題 » DeNA南場会長「完全に配慮欠けた」まとめサイト問題 – 朝日新聞
DeNAまとめサイト問題 コメントはまだありません



 ネットの世界で急成長してきたDeNA(ディーエヌエー)は、どこで何を誤ったのだろう。キュレーション(まとめ)サイトの問題では、肩こりの原因に幽霊を指摘する記事など不正確な内容がまかり通り、画像の無断利用や著作権侵害の疑いも明らかになった。代表取締役に復帰した南場智子会長の胸のうちは。見つめる先にあるものとは。

 ――まとめサイトの問題発覚から1年、改めて何を感じますか。

 「ビジョン、ミッションは言わずもがな、日々の運営でサイト訪問者数の話はしても、重要で当たり前なことは言葉にしなくなり、ずれていってしまいました。社員が3人から2千人に拡大したなか、隅々まで正しいことを貫く状態を維持するには大変な努力が必要。高いスタンダードでやっているつもりでも、抜けが出ました」

 ――「抜け」とは具体的には?

 「生きのいい運営会社を買収して、その勢いや面白い人材を伸ばそうとアクセルを踏んだ一方、コンプライアンス(法令や社会規範の順守)、リスク管理は行き届いていなかった。スタートアップの会社を買収した大企業はいっぱいあるけれど、譲れないところはしっかり断っている。我々は、学ばなければいけませんでした」

 ――第三者委員会の調査報告書は、南場さんが好んで使う「永久ベンチャー」という言葉を、「理念の独り歩き」と指摘しました。

 「組織が階層的で意思決定が遅い、内向きになって椅子の取り合いをする。そんな典型的で概念的な大企業病に対するあらがいは、やめたくないんです。力が余ることをやっても、面白くない。できるかできないか、わからない挑戦が一番面白い。世の中から存在や挑戦を許され、歓迎されて、初めて私が言う永久ベンチャーになる」

 ――上場し、プロ野球球団も持ちました。大企業病に陥る危機感を持っていたのではないですか。

 「確かに新しい事業がヒットしていない一方で、株主からの成長への期待はひしひしと感じていた。規模が大きくなれば、陥りがちなものはあると思います。DeNAは変化が好きで、すごく前向き。その姿勢は悪くないけど、譲れないものとセットで初めて意味がある。だから、甘かった」

 ――スピード感とリスク管理のバランスが、とれていなかった?

 「私の仮説ですが、リスク管理…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら





LEAVE A COMMENT