違法金利で貸し付け 被害総額は4億円か 容疑の男4人逮捕 神奈川県警 – 産経ニュース

Home » 企業不祥事・事件 » 商法・証券取引法違反 » 違法金利で貸し付け 被害総額は4億円か 容疑の男4人逮捕 神奈川県警 – 産経ニュース
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません



 法定金利の上限を超える高金利で資金を貸し付けて利息を得ていたなどとして、神奈川県警生活経済課は14日、出資法違反などの容疑で、千葉県四街道市大日の無職、大下慎也容疑者(43)ら男4人を逮捕した。いずれも「やっていない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成28年10月15日ごろから今年3月24日ごろまでの間、水戸市に住む建築設計業の男性(51)ら3人に対し、最大で法定金利の上限(1日当たり0・3%)の約81倍の金利で資金を貸し付け、約99万円の利息を得ていたなどとしている。

 同課によると、大下容疑者らは26年2月ごろから今年5月ごろまでの間、関東を中心に8都県にわたって違法金利で資金を貸し付けていたとみられ、被害総額は約4億円に上る可能性があるという。同課が被害者の人数など事件の全容解明を急いでいる。





LEAVE A COMMENT