北朝鮮への圧力継続=米国務長官、英首相と会談 – 時事通信

Home » 企業不祥事・事件 » 商法・証券取引法違反 » 北朝鮮への圧力継続=米国務長官、英首相と会談 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません



 【ロンドン時事】ティラーソン米国務長官は14日、訪問先のロンドンで英国のメイ首相と会談し、北朝鮮情勢などをめぐり意見交換を行った。首相報道官によると、両者は北朝鮮の核・ミサイル開発について「(国際情勢を)不安定化させる活動だ」と批判。「金正恩政権に圧力をかけるため、国際社会が共に取り組み続ける必要がある」という認識で一致した。 
 ティラーソン氏はジョンソン英外相とも会談を予定。ジョンソン氏はこれに先立ち声明を出し、「(英政府は)北朝鮮問題の外交的解決を目指し、国際世論の結集に力を注いでいる」と強調した。(2017/09/14-21:32) 関連ニュース

【米新大統領記事一覧へ】 【アクセスランキング】





LEAVE A COMMENT