皆既日食「2秒見ただけ」=政府機の私的利用否定-米財務長官 – 時事通信

Home » 企業不祥事・事件 » 商法・証券取引法違反 » 皆既日食「2秒見ただけ」=政府機の私的利用否定-米財務長官 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません



 【ワシントン時事】ムニューシン米財務長官は14日、米本土を約1世紀ぶりに横断した皆既日食を観賞するために政府専用機を利用したとの疑惑について、「(日食を)見たのは2秒だけだった」と否定、あくまでも公務の出張だったと説明した。
 ムニューシン氏は、日食があった8月下旬に政府機を使い、財務省が管轄する金塊保管施設のあるケンタッキー州フォートノックスを妻で女優のルイーズ・リントンさんと訪問。市民団体は日食観賞の私的目的で使ったと批判し、財務省の監察官が事情を調べている。 
 また、今年夏に自身が新婚旅行をした際、政府機の運用を求めていたとの別の疑惑には、安全保障問題に関わっているため確実に連絡が取れる必要性を考慮し、職員が要請したと主張。他の方法が見つかったため、取り下げたと強調した。(2017/09/15-08:29) 関連ニュース

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】





LEAVE A COMMENT