台風18号、17日九州上陸か=西日本は16日午後から暴風大雨警戒 – 時事通信

Home » 企業不祥事・事件 » 商法・証券取引法違反 » 台風18号、17日九州上陸か=西日本は16日午後から暴風大雨警戒 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません



 非常に強い台風18号は15日午前、沖縄北方の海上を北北東へ進んだ。16日午後以降に九州に接近し、17日未明から朝に上陸する恐れがある。九州南部付近の前線が北上して活発化する影響もあり、西日本では16日午後から大荒れとなる見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に警戒を呼び掛けている。

【時事ドットコム天気予報】

 18号は18日にかけて日本列島を縦断する可能性があり、東・北日本も荒天が予想される。
 18号は15日午前9時、沖縄北方の海上をゆっくりと北北東へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径390キロ以内が15メートル以上の強風域。
 16日午前6時までの24時間雨量は多い所で、九州南部200ミリ、奄美150ミリ、九州北部と四国100ミリ。その後、17日午前6時までの24時間雨量は多い所で、東海300~400ミリ、九州南部と四国、近畿200~300ミリ、奄美と関東甲信100~200ミリ、九州北部100~150ミリと予想される。
 16日にかけての最大瞬間風速は九州南部と奄美45メートル、九州北部35メートル。波の高さは九州南部と奄美10メートル、沖縄7メートル、九州北部6メートルの見込み。(2017/09/15-10:25) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】





LEAVE A COMMENT