相次ぐ長島議員離党と細野議員辞任 野党共闘で民進党はどう変わる … – ニフティニュース

Home » 政治スキャンダル » 蓮舫「二重国籍」問題 » 相次ぐ長島議員離党と細野議員辞任 野党共闘で民進党はどう変わる … – ニフティニュース
蓮舫「二重国籍」問題 コメントはまだありません



相次ぐ長島議員離党と細野議員辞任 野党共闘で民進党はどう変わるのか

「有権者の選択肢をつくるべきなので野党共闘すべき」と考えを語る上智大国際教養学部・中野晃一教授(政治学)

 民進党では、10日に元防衛副大臣の長島昭久衆院議員が離党し、13日には元環境相を務めた細野豪志衆院議員が代表代行を辞めるなど、共産党との野党共闘、憲法改正などに対する党執行部の方針への不満が露呈する動きが相次ぎました。

 党主要メンバーの“反乱”ともみられる行動が、野党共闘の流れや今後の党運営に影響を与えることはあるのか。上智大国際教養学部の中野晃一教授(政治学)に、民進党に起きていることと、今後をどうみるか、話を聞きました。

民進党の野党共闘の流れで居場所を失ったのでは

 なぜ長島議員は離党したのか。中野教授は「もともと民進党は、さまざまな政治潮流の政治家が合流し、共通点を見出しながら政党を作ってきた中で、長島議員のように安保問題に関し、保守系の中でもどちらかといえば“タカ派”、アメリカの対日政策関係者に近い立ち位置でいるような人もいた、ということ。民進党の野党共闘路線に対し、距離感を感じていたことは間違いない」と、言います。

 そもそも、民進党の前進である民主党は、政治的な潮流は違っても、「自民党に対し、政権交代を求めていくという点と、政官業の癒着に関し、これはおかしいという人たちで集まってきた」のであり、新党さきがけから出てきたリベラルな政治家や旧社会党のやや右派議員、2003年に民主党と自由党合併という形でさらに勢力を大きくしてきた、というわけです。

 しかし、「3年3カ月続いた民主党政権交代の後、単独で政権を担っていく道筋がみえない状態が続いた。現実的な政治戦略として、次に大きい野党である日本共産党、社民党、自由党と力を合わせて選挙に勝ち抜いていかなくてはいけない、と民進党がかなりまとまってきている中、いまさらその流れを変えようというのは難しい。長島議員も気がついたら自分の居場所を失ったということでは」と、長島議員の離党判断理由をこのようにみます。

共産党との共闘 勝てる体制で必要

 では、共産党も加わる、今の野党共闘をどのように考えるのでしょう。中野教授は1980年代に入り、野党に中道路線が出てきてからは、「自民党を政権からおろすのがポイント」であっても、連立はあくまで「非自民・非共産」であり、「共産党だけは一回も政権を担ったことがない。いい言い方をすれば純粋な野党、悪い言い方をすれば政権を担ったことがないので未知数に終わっている野党だった」と、かつての野党共闘のあり方を振り返ります。

 しかし、衆参議院ともに自民党が単独過半数を占めているような現状の中、「自民党が完全にノーチェックの状態になってしまい、一強他弱、人によっては独裁の領域ではないか、と」いう声もあり、「国会を軽視し、安全保障法制を通す中、このままでは立憲主義や民主主義の原則が壊れてしまう」、「共産党を排除するという時代ではない」と野党連携に変化が起こったとみます。中野教授は「民進党の中でも共産党と共闘し、勝てる体制にしないと、有権者に選択肢がない状態になる、と市民運動の後押しを受けて形が整ってきた」とこの動きを評価します。

細野議員は「計算が狂った」

 では「反自民という点では一致していてもほかのことは違う」、「よく言えばいろんな考え方があり、悪く言えばばらばら」(中野教授)という民進党。細野議員の代表代行辞任はどのような背景があったとみるのでしょう。

 「彼は、小沢一郎氏に近かったが、民進党が下野してからは、かなりの勢いで保守の側に移っていっている。彼自身のキャリアの戦略というのもあるし、反執行部的な立ち位置のところがあった」。ポイントに挙げるのは、現在の蓮舫代表が選ばれた民進党代表選です。中野教授は、すでに岡田克也前代表のときには、野党共闘にシフトしていた中、代表選の候補者はそろって「野党共闘には消極的で、民進党は頑張れば単独で政権取れる、というアピールが多かった」と説明します。

 そして、細野議員はそこで蓮舫代表という「勝ち馬に乗ったところがあった」と指摘。ところが、その後も「蓮舫旋風が起きたわけでもなく、むしろ二重国籍が問題になった」。本来は保守である野田佳彦幹事長も現実路線である野党共闘に進む中、「計算が狂ったのが細野議員」、「このままでは自分が埋没するという焦りがあったのだと思うが、野党共闘への反対の声を上げるなど残念ながら孤立していった」と言います。

 その上で、細野議員も「長島議員と同じ」、「野党共闘が大きな路線として踏み込み始めていることに、どうしてもついてこられなかった人が若干いるということ」と言及。「蓮舫執行部への大きな衝撃や野党共闘への横やりには必ずしもならない」、「現段階ではこれ以上に広がるかはわからない」と、長島議員に続く離党の動きが広まることや、党の求心力低下という指摘には、懐疑的な考えを示しました。

共産党にとっても野党共闘は簡単ではない

 また、共産党については「野党共闘に積極的になっていて、むしろ民進党に仕掛けているところがある」とみます。こうした共産党側にも変化が起きた背景のひとつとして、「(共産党に限らず自民党や公明党などの)昔からの支持層は高齢化で縮小していく」という事情もあると考えます。加えて、小選挙区制導入による痛手もあり、若年層、女性など候補者の擁立で工夫がみられるなど「従来の強い党支持層でなくても、共産党を選んでもらえるよう試行錯誤をしていると思う」と話します。

 ただ、民進党の長島・細野両議員の動きと同様に、こうした一連の変化についていけない支持層が出てくることが予想されるとし、共産党にとっても野党共闘は「そんなに簡単なことをやっているわけではない」。「(次の衆院選のときも)、参院選のときのように多くの選挙区では、民進党の候補者のために、共産党の候補者を下げるということになるだろう。日本がこのままでは壊れてしまうという危機感を持ってやっているのでは」と、分析します。

 中野教授は「有権者の選択肢をつくるべきなので、野党共闘すべき」と考えていますが、ただ、「どこまで、どのタイミングまで続くかは難しい」と述べています。次の衆院選で、野党で3分の1以上確保し、「自民党が議席を減らし、緊張感ある国会運営」となれば、そのとき「野党はどうする、となるだろう」。「民進党は単独でいけると思うのか、話し合ってさらに共闘関係を深めていけるのか、次の段階で問われることになる」という見方を示しています。





LEAVE A COMMENT