カード情報、偽サイト介し 通販決済で – 毎日新聞

Home » 個人情報流出・不正アクセス » カード情報、偽サイト介し 通販決済で – 毎日新聞
個人情報流出・不正アクセス コメントはまだありません




 米アップル社のiPhone(アイフォーン)向けの電子決済サービス「アップルペイ」でクレジットカード情報が不正使用され、大阪、京都、埼玉の各府県で商品が詐取された事件で、不正使用されたカード情報は主に個人情報を盗み取る「フィッシングサイト」と呼ばれる偽サイトを介して流出したことが分かった。捜査関係者が明らかにした。

 捜査関係者によると、日本人の男女10人がカード情報を不正使用された。このうち、既に事情を聴いた複数人が「薬の通信販売サイトでカード情報を入力したが商品を購入できなかった」などと申告した。大阪府警は埼玉県警から情報提供を受けたサイトと合わせ、これまでに二つのサイトを確認。いずれも海外医薬品の販売を日本語でうたっていた。

 うち一つに記者がアクセスしたところ、「格安で購入できる」などと未承認の医薬品の画像が並んでいた。会社の所在地はカリブ海の英領アンギラ島だが、連絡先はアラブ首長国連邦の電話番号で、使われていなかった。

 このサイトでカード情報が抜き取られたとみられ、埼玉県川口市でカード情報を不正に使われた神奈川県の男性(38)が7月下旬、毎日新聞の取材に応じた。男性によると、サプリメントを購入するため3月中旬に、このサイトにアクセス。支払い手続きに進むと別の決済サイトに誘導され、名前やカード番号などを入力した。しかし、決済を確定するボタンを押すと「そのカードは使用できない」と表示されたという。

 男性は「別サイトに誘導された時点で怪しいと感じたが、商品が欲しくて飛びついてしまった。信頼できるサイトかきちんと見極めるべきだった」と振り返った。

 情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京)によると偽サイトには共通する特徴があるといい「利用者が注意することで一定の被害は防げる」としている。

 事件は3月26~27日に3府県で相次いで発生し、計約2400万円分の不正使用があった。大阪府警と埼玉県警は中国籍の男女6人を詐欺容疑などで逮捕。海外の大規模な犯罪組織が背後で主導したカード不正使用犯罪の新たな手口とみて捜査している。【宮嶋梓帆】






LEAVE A COMMENT