日本郵政の4~6月期、純利益26%増 金融2社の収益増が貢献 – 日本経済新聞

Home » 企業不祥事・事件 » 日本郵政巨額損失計上 » 日本郵政の4~6月期、純利益26%増 金融2社の収益増が貢献 – 日本経済新聞
日本郵政巨額損失計上 コメントはまだありません



 日本郵政(6178)が10日発表した2017年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比26%増の1044億円だった。傘下のゆうちょ銀行(7182)とかんぽ生命保険(7181)の収益が改善したことが貢献した。売上高にあたる経常収益は3%減の3兆2712億円だった。

 中核の国内郵便・物流事業では、はがきの郵便料金を6月に引き上げたことによる増収効果はあったものの、人件費の上昇など費用負担も増加し営業損失は拡大した。金融窓口事業の収益は横ばい。国際物流事業は経営不振のオーストラリアの子会社の業績が低迷しており、「人員削減などの経営改善策の効果が現れてくるのは第2四半期以降」(日本郵政)と説明している。

 18年3月期通期の経常収益は前期比7%減の12兆4600億円、最終損益は4000億円の黒字(前期は289億円の赤字)とした従来予想を据え置いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕





LEAVE A COMMENT