東芝、前期有報「限定適正」も上場維持になお難関 会見は15時 – 日本経済新聞

Home » 企業不祥事・事件 » 東芝 米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)破産法申請 » 東芝、前期有報「限定適正」も上場維持になお難関 会見は15時 – 日本経済新聞
東芝 米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)破産法申請 コメントはまだありません



 東芝は10日、遅れていた2017年3月期の有価証券報告書を関東財務局に提出した。米国の原発子会社ウエスチングハウス(WH)を巡る損失処理でPwCあらた監査法人との意見の相違が続いていたが、注目だった監査意見は限定付きながらひとまず「お墨付き」を得られた。東芝が抱える上場廃止リスクの1つが目先は回避できたが、なお上場維持には高いハードルが残る。

 「限定付き」となった背景について監査報告書の中ではウ…





LEAVE A COMMENT