東芝、米担保提供子会社を3月に設立 601億円を出資 – 日本経済新聞

Home » 企業不祥事・事件 » 東芝 米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)破産法申請 » 東芝、米担保提供子会社を3月に設立 601億円を出資 – 日本経済新聞
東芝 米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)破産法申請 コメントはまだありません



 東芝(6502)は10日、経営破綻した米原子力大手ウエスチングハウス(WH)の取引金融機関に対して担保を提供するなど資金を管理・運用する子会社を3月に設立していたと発表した。

 3月21日付でLCコラテラルSPV社(米デラウェア州)を設立し、同月27日付で資本金5億3400万ドル(約601億円)を払い込んだ。

 東芝は担保提供分の5億1800万ドル(約581億円)を減損損失としてすでに計上しており、2018年3月期連結業績に与える影響は軽微と判断している。東芝は「決定時に開示すべきところ遅れた」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕





LEAVE A COMMENT