調剤薬局のボン・アーム 藍を使ったスキンケア商品展開 食用分野も拡充 – 日本経済新聞

Home » 国・自治体不祥事 » 東京五輪エンブレム問題 » 調剤薬局のボン・アーム 藍を使ったスキンケア商品展開 食用分野も拡充 – 日本経済新聞
東京五輪エンブレム問題 コメントはまだありません



 調剤薬局経営のボン・アーム(徳島市)は徳島特産の藍を使った製品の開発・販売を強化する。藍葉の消炎や抗菌効果を生かしてハンドクリームなどスキンケア分野に進出。食用分野では食品メーカーへの原料供給を本格化する。2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムに採用され注目を集める藍の県を挙げた需要拡大の取り組みを後押ししたい考えだ。

 藍葉は主に染料の原料として使われるが、古くから生薬としても活用されて…





LEAVE A COMMENT