原辰徳氏を直撃、なぜ侍J監督にならなかったのか 胸に東京五輪バッジ … – iza(イザ!)

Home » 国・自治体不祥事 » 東京五輪エンブレム問題 » 原辰徳氏を直撃、なぜ侍J監督にならなかったのか 胸に東京五輪バッジ … – iza(イザ!)
東京五輪エンブレム問題 コメントはまだありません



 巨人前監督の原辰徳氏(59)が4日、巨人-中日のテレビ解説で東京ドームに現れた。

 巨人の試合前練習中にグラウンドへ姿を見せ、打撃ケージ裏にいた高橋由伸監督のもとへ直行。肩を寄せて約30分間話し込んだが、その原氏のジャケットの左胸には、2020年東京オリンピック・パラリンピックのバッジが光っていた。

 五輪のエンブレムをあしらったもので、五輪関連イベントに出演した関係者に配られる広報PR用の非売品。原氏は「日本国民はこれをやらないとダメだろ!」と巨人愛にも負けない日本愛をみせた。

 しかし東京五輪の野球日本代表監督の最有力候補は、他ならぬ原氏だったはず。“それなら日本の監督をやればいいだろ”と突っ込みたくなる野球ファンに代わり、記者が「バッジよりも、日本のユニホームを着てほしかった」と直撃したが、「そのことに対してはノーコメント」とけむに巻いた。

 その日本代表は稲葉篤紀監督(45)が率いることに。原氏は稲葉監督を2009年の第2回WBCで4番に抜てきし、世界一連覇を成し遂げている。





LEAVE A COMMENT