顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 – 南日本銀 – Security NEXT

Home » 企業不祥事・事件 » 佐賀銀行 高額預金者顧客情報流出 » 顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 – 南日本銀 – Security NEXT
佐賀銀行 高額預金者顧客情報流出 コメントはまだありません



南日本銀行は、収納した段ボールの箱ごと顧客情報含む伝票綴りを紛失したことを明らかにした。

同行によれば、伊敷支店において、2011年5月2日から同月31日までの伝票綴り21冊を収納した段ボール箱1箱を紛失したもの。

紛失した伝票は5805件にのぼり、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されていた。同支店で伝票の確認作業を行った際に判明したという。

同行は、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT – 2017/07/07 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR


関連記事

マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に – CDNプロバイダ切替で
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か – 佐賀銀
顧客情報含む帳票が所在不明に – 東邦銀
ローン申込者の審査情報を誤って同意なく保証会社へ送信 – イオン銀
休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 – 山形銀
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 – ゲオ
不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 – ロングランプランニング
顧客情報含む内部資料が所在不明に – 沖縄銀
マルウェア感染で債務者情報が流出か – 新生銀行関連会社





LEAVE A COMMENT