商工中金が“ありえない”不正 見えぬ謙虚さと浮かぶおごり – dot.

Home » 金融機関不祥事 » 商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 » 商工中金が“ありえない”不正 見えぬ謙虚さと浮かぶおごり – dot.
商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 コメントはまだありません




商工中金の安達健祐社長(元経済産業事務次官) (c)朝日新聞社

商工中金の安達健祐社長(元経済産業事務次官) (c)朝日新聞社

 取引先の売上高や純利益などを改ざんした商工中金。民間銀行であれば廃業となるような出来事だが、それをやってのけた商工中金に“伝説のディーラー”藤巻健史氏は苦言を呈する。

*  *  *
 かなり昔の話、ハワイのホテルをチェックアウトする際、請求書に驚いた。

 家内と2人で食べた前日の夕食代が1万1千ドル(約120万円)。冗談よしてよ~。サウジの王様じゃあるまいし、一晩でそんな美食をしたら一発で痛風だ。

 米国留学中に、米国人のまねをして目を皿のようにして請求書を見る癖がついていたから、サインの前に見つけて、事なきを得た。隣でやっていた中国人の結婚パーティー費用を間違えて私に請求したようだ。米国人が請求書を念入りに見るわけを実感したが、日本ではありえない間違いだ。

★   ★
 政府系金融機関の商工中金が5月、金融庁などの立ち入り検査を受けた。災害や金融危機で業績悪化した企業向けの危機対応業務で、取引先の売上高や純利益など財務データを改ざんするなどの不正をした。

 邦銀に11年、外資系銀行に15年勤務した私の感覚からすると、数字の改ざんなどありえない不正だ。一個人どころか組織的な不正だったようで、びっくり仰天だ。普通の銀行なら、数字の改ざんは「やってはいけないこと」の基本中の基本。金額の修正は一切認められないし、金額以外の文字などの修正も二重線で修正したうえで印鑑を押すように教育される。顧客からの信頼は銀行の生命線だから、社内検査で厳しくチェックされる。

 旧大蔵省(現金融庁)の検査や日本銀行の考査もチェック機能として働いた。入りそうになると、支店は緊張して身構えたものだ。日銀考査で落第点だと、日銀にある当座預金口座閉鎖を余儀なくされる恐れもある。銀行の体(てい)をなさなくなり、銀行廃業だ。

 当座預金口座がいかに大切か。例えば、鹿児島県に住む母が東京にいる子に学費を送るケースを考える。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧







LEAVE A COMMENT