九州豪雨で中小企業支援=経産省、相談窓口を設置 – 時事通信

Home » 金融機関不祥事 » 商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 » 九州豪雨で中小企業支援=経産省、相談窓口を設置 – 時事通信
商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 コメントはまだありません



 経済産業省は6日、九州北部の豪雨で被災した中小企業や小規模事業者を支援するため、福岡と大分の両県の商工会議所や日本政策金融公庫の支店など計54カ所に特別相談窓口を設置すると発表した。資金繰りや営業再開の相談に応じる。
 豪雨で被害を受けた企業には、政策公庫と商工中金が復旧資金を通常とは別枠で融資する。災害救助法が適用された市町村で売り上げが減少した企業には、金融機関からの借り入れに対し、信用保証協会が全額を保証する。
 経産省は既存の借り入れの返済猶予などにも応じるよう政策公庫や商工中金に要請する。(2017/07/06-19:33) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】





LEAVE A COMMENT