アスクル火災 「余分な労力かかる」 書類送検の男性供述 「効率化」重視し過ぎ、消防法違反 – 産経ニュース

Home » 企業不祥事・事件 » アスクル倉庫火災 » アスクル火災 「余分な労力かかる」 書類送検の男性供述 「効率化」重視し過ぎ、消防法違反 – 産経ニュース
アスクル倉庫火災 コメントはまだありません



 埼玉県三芳町の通販会社「アスクル」の物流倉庫で発生した火災で、県警に消防法違反容疑で書類送検された物流センター長の男(44)は違法保管について、「出荷作業に支障を生じさせないため」と供述していることが28日、県警への取材で分かった。効率化を重視し過ぎた結果、消防法を軽視していた実態が浮き彫りになった。フォークリフトから出火した原因も判明。県警は関係団体に情報提供し、再発防止策を求めた。(宮野佳幸)

 県警によると、倉庫を管理する子会社「アスクルロジスト」(東京都江東区)=同容疑で書類送検=は物流倉庫とは別に、地元消防から許可を得て、約15メートル離れた場所に通常より多くの量の危険物を保管できる危険物貯蔵所があった。

 計286品目、約1万2千点の殺虫剤などの危険物があったが、基準を超えた分の危険物を貯蔵所で保管しなかった理由について、男は「余分な時間と労力がかかるので、貯蔵所に移さなかった」と説明。県警は、出荷遅れを恐れ、違法状態が常態化していたとみている。

 出火原因をめぐっては、フォークリフトのエンジンルーム内に段ボール片が入り込み、エンジン付近の高温になる金属製の管に触れて発火、床にある他の段ボールに燃え移ったとみている。火災が起きた端材室は多量の段ボールが堆積。高さ約3メートルもの段ボールが積み上がっていることもあったという。

続きを読む





LEAVE A COMMENT