石破茂、次期首相就任シナリオ…「官僚の反乱」で安倍政権潰し先鋭化、稲田防衛相辞任に成功 – ニフティニュース

Home » 国・自治体不祥事 » 前川喜平前文部科学省事務次官スキャンダル » 石破茂、次期首相就任シナリオ…「官僚の反乱」で安倍政権潰し先鋭化、稲田防衛相辞任に成功 – ニフティニュース
前川喜平前文部科学省事務次官スキャンダル コメントはまだありません



 安倍晋三内閣の支持率が暴落を続けている。毎日新聞が7月22・23日に行った全国世論調査では、内閣支持率は26%で同社の前回6月調査より10ポイント減少した。一方、不支持率は12ポイント増の56%に達している。

 同調査で興味深いのは、「ポスト安倍」に関する質問が行われたことだろう。まず、「ポスト安倍は安倍」の是非が聞かれた。

 2018年9月、安倍首相の自民党総裁としての2期目の任期が終わる。それを踏まえ、「3選はOKか?」という旨の質問が行われた。「(3期目も)総裁を続けた方がよい」との回答は23%にとどまり、「代わった方がよい」は62%と6割を超えた。

 さらに「安倍1強」のイメージについても質問された。結果は「自民党から安倍首相に代わる人が出てきてほしい」が31%で最多。「野党から首相に対抗できる人が出てほしい」は25%で、「新しい政党や政治団体から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は23%だった。

 また、自民党支持層では「自民党から安倍首相に代わる人が出てきてほしい」が51%となっており、すでにポスト安倍レースが激化している原因を雄弁に物語っている。

 言わずもがなとはいえ、野党に期待する有権者が25%しかいないことも浮き彫りになった。少なからぬ有権者が「自民党における内部抗争の激化」を期待していると見ることもできるだろう。安倍首相の敵は野党ではなく、身内の自民党というわけだ。

●「大穴」石破茂と「本命」岸田文雄の一騎打ちか

 なかでも、自民党の石破茂・衆議院議員(鳥取1区)と岸田文雄・外務大臣(広島1区)の2人が耳目が集めているのは、ご存じの通りだ。

 情報戦も激化している。石破氏に対しては、産経新聞が連載『加計学園 行政は歪められたのか』で『新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢…』という記事を7月18日付で掲載した。

 日本獣医師政治連盟が石破氏に100万円の政治献金を行い、それを受けて石破氏が「4条件」を作成したという内容だ。石破派の猛抗議も含めて、大きな話題となった。

 逆に、同じ産経・FNNが22、23の両日に行った世論調査で「いま首相にふさわしい人物」を聞いたところ、1位は石破氏で20.4%と、さすがの人気を見せつけた。ちなみに、2位は安倍首相で19.7%、3位は小泉進次郎・衆議院議員(神奈川11区)で9%という結果だった。

 一方の岸田外相は、4位の小池百合子・東京都知事(8.9%)に次ぐ5位で5.3%と、少なくとも世論的には石破氏のリードを許してしまっているようだ。しかし、ここ最近の注目度は相当なものがあり、「今後も安倍政権を支えるのかどうか」について報道が過熱している。

 何しろ、外相は閣僚でもトップクラスの激務。再任となれば、ポスト安倍レースに関する動きは制限されてしまう。本人は党三役を希望しているとの憶測記事も流れたが、それが実現すると「総理総裁の危機を見捨てた冷血漢」という批判が自民党内からも出かねない。

 石破氏も岸田外相もポスト安倍レースの“有力馬”とはいえ、そのポジショニングは異なる。世論調査ではトップといっても、やはり石破氏は“大穴”であり、岸田外相が“本命”というところなのではないか。

●自民党結党以来の危機到来なら石破首相誕生か

 では、プロは現在の状況をどう見るか。政治アナリストの伊藤惇夫氏が解説する。

「石破さんが首相になるためには、たとえば度肝を抜くような巨大な新スキャンダルが発覚するといった緊急事態が勃発し、今以上に安倍政権や自民党の支持率が下落することが必須だといっていいでしょう。

 自民党が結党以来の危機を迎え、有権者や党員に人気の石破氏を担ぎ出すというシナリオです。何しろ石破派は19人、自民党に8つある派閥のうち数では6番目という規模です。近年の総裁選では党員票のウェイトが増えているとはいっても、まともに総裁選を戦っては勝てません」(伊藤氏)

 一方、岸田外相は「引く手あまた」の恍惚と不安を抱えている、といったところのようだ。

「以前からまことしやかに言われているのは、岸田さんが安倍さんを支えればポスト安倍として首相の座を禅譲されるという説です。しかしながら、少なくとも戦後の政治史において、首相の座が禅譲されたことは、ただの1度もありません。やはり、首相の座というのは自らが奪い取るものなんです」(同)

 岸田派は池田勇人、大平正芳、鈴木善幸、宮沢喜一と4人の首相を輩出した名門派閥・宏池会だ。いわゆる「保守本流」を自任。伝統的に政策通のイメージを持つが、半面、上品で荒事に弱い「お公家集団」と揶揄されてきた。派閥としての勝負弱さを物語る逸話として、2000年、森喜朗内閣の打倒を画策して失敗した故・加藤紘一氏の「加藤の乱」という“汚点”を残している。

「岸田さんが自力で総理総裁の座を目指すにしても、岸田派は43人。党内では細田派、麻生派、額賀派に次ぐ4番目の勢力にすぎません。となると、やはり麻生派との合併といった『大宏池会構想』のゆくえが焦点になってきます。

 閣内で政権を支えるにしても、閣外に出るにしても、麻生さんや安倍さんに手綱を握られてはダメです。岸田さん自らが政局をつくるという腰の強さが求められているのは間違いないでしょう」(同)

●蓮舫・野田のダブル辞任でも民進党危機は続く

 対して、最大野党の民進党は相次ぐ“敵失”の恩恵を受けているはずなのだが、支持率は伸び悩む。先日には、野田佳彦幹事長と蓮舫代表の辞任が発表された。伊藤氏が苦言を呈する。

「相変わらずの風頼みから、脱却できていません。党の人気がないと蓮舫さんを代える、野田幹事長を交代させる、という時点で、有権者があきれて当然でしょう。看板を代えれば支持率が復活すると本気で考えているのなら、あまりにも能天気といわざるを得ません」(同)

 有権者の「民進党アレルギー」は、旧民主党政権の体たらくが骨身に染みているからだ。ならば、民進党の解党的出直しはひとつしかない、と伊藤氏は指摘する。

「旧民主党政権に関与した政治家は、少なくとも表舞台から退場していただく。蓮舫さんや野田さんは言うに及ばず、細野豪志さんや前原誠司さんだって同じです。本当に人心一新をするには、思い切って若手を抜擢する。そして、若い新執行部が10年間、有権者に頭を下げ続けて、ようやく信頼できる野党としてのスタートラインに立てるのではないでしょうか」(同)

 先の毎日新聞の世論調査を例にすれば、「新しい政党や政治団体から首相に対抗できる人が出てきてほしい」(23%)という層と親和性が高いと考えられるが、野党再編に期待する有権者も一定数、存在する。

 複数のメディアが記事にしているが、東京都議会議員選挙で都民ファーストの会を支援した若狭勝・衆議院議員(東京10区)、長島昭久・衆議院議員(比例東京ブロック・復活当選)、渡辺喜美・参議院議員(比例区)、松沢成文・参議院議員(神奈川県選挙区)の4議員が、新党結成を模索しているという。

「ただ、率直に申し上げて、有権者に衝撃や期待を与えるだけの議員はいないといわざるを得ません。たとえ民進党の一部が割れて、それなりに知名度のある議員が合流したとしても、有権者の印象は変わらないでしょう。政権交代が視野に入るほどの野党再編劇を演出するなら、石破さんを引っ張ってくるぐらいの大技が必要です」(同)

●安倍政権を追い詰める「官僚の反乱」

 毎日新聞の世論調査では約6割が反対とはいえ、安倍3選の可能性はあるのだろうか。政権中枢にパイプを持つ元官僚は「安倍首相がワンチャンスに賭けるしかないほど追い詰められているのは事実」と看破する。

「支持率より深刻なのは、『官僚の反乱』です。加計学園の問題では、元文部科学省事務次官の前川喜平氏が公然と反旗を翻し、南スーダンPKOの日報問題では、陸上自衛隊内部のリークが稲田朋美防衛相を窮地に追い込みました。

 宮仕えをしてきた私でさえ、脱官僚、政治主導の重要性は今も昔も変わっていないと思いますが、官僚側も必死です。この反乱がさらに広がっていけば、安倍政権の終焉は意外に早く訪れるかもしれません」(元官僚)

 28日、稲田防衛相はPKO日報問題の責任を取るかたちで辞任することを表明した。

 そんななか、安倍政権側の「ワンチャンス」となるのが衆院解散だ。8月の内閣改造後の解散が、アドバルーン的に報道されている。

「自民党総裁としての任期を迎える来年9月に近づけば近づくほど、安倍首相の政治的選択肢は減少していきます。打つ手がなくなり、レームダック化することだけは避けたいでしょうから、そうすると電撃解散の現実性は決して低くないと考えます。

 というより、秋や8月に解散が行われる可能性があると考えられていて、それを嫌がるグループがいるからこそ、マスコミにリークする動機が生まれるわけです」(伊藤氏)

 都議選では、都民ファーストの会という絶好の受け皿が存在したが、国政レベルでは何の用意もされていない。小沢一郎・自由党代表は、既存野党が結集する「オリーブの木構想」を持論としているが、民進党以上に共産党が加わることに対する反発も少なくない。

「今、衆院を解散して選挙を行えば、自民党が勝つ可能性はきわめて高いでしょう。野党の準備がまったくできていませんからね。そうすれば、自民党内の安倍降ろしを封じることができる。有権者はドン引きかもしれませんが、勝てばポスト安倍への期待もしぼむでしょう」(同)

 すでに、先回りするかたちで「ご乱心解散」や「ちゃぶ台返し解散」などのニックネームも流布しつつある。「勝てば官軍」と居直っても、解散を選択せずに低姿勢に徹しても、安倍首相を待っているのは茨の道に違いない。
(文=編集部)





LEAVE A COMMENT