下村幹事長代行のインチキな説明 – BLOGOS

Home » 政治スキャンダル » 初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 » 下村幹事長代行のインチキな説明 – BLOGOS
初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 コメントはまだありません



 安倍総理の側近、下村幹事長代行は、文科大臣当時に加計学園の秘書室長から、政治資金パーテイ代200万円を受け取ったことを認めた。しかし政治資金収支報告書には記載していない。11名からの預り金という説明を信じる人はいない。文科大臣が学校法人から闇献金を受け取って便宜を図ってきたことは一目瞭然。安倍政権は総理を筆頭に権力を私物化する閣僚のオンパレードだ。

 都議選終盤になって都議会議員の役割は都知事をチェックすることだという主張が目立ってきた。武蔵野市から民進党公認で立候補している松下玲子さんは「都議は都知事の子分であってはいけない」と最初から主張。

 武蔵野市の都議候補は自民党候補と、小池チルドレン候補と松下玲子さんの3人。豊洲の安全性など都知事をチェックできるのは松下さん以外にはいない。





LEAVE A COMMENT