【稲田朋美防衛相辞任へ】第2次安倍政権の発足後、閣僚辞任は6人目に … – 産経ニュース

Home » 政治スキャンダル » 甘利明衆議院議員 現金授受問題 » 【稲田朋美防衛相辞任へ】第2次安倍政権の発足後、閣僚辞任は6人目に … – 産経ニュース
甘利明衆議院議員 現金授受問題 コメントはまだありません



 稲田朋美防衛相が辞任すると、平成24年12月に第2次安倍晋三政権が発足して以降、閣僚辞任は6人目となる。第3次政権では、今年4月に失言で復興相を辞めた今村雅弘氏に続いて4人目となる。今回は内閣支持率が急落している中での「首相の秘蔵っ子」の失速となった。

 第2次政権はスタート時から長期間閣僚の辞任がなく、安定した運営だった。しかし、26年9月に改造内閣が発足すると、小渕優子経済産業相の不明朗な政治資金支出の問題が浮上した。松島みどり法相が選挙区内でうちわを配った問題も重なり、小渕、松島両氏は閣僚就任から2カ月もたたない10月に辞任した。

 26年12月に発足した第3次政権では、27年2月に西川公也農林水産相が、自身が代表を務める自民党支部の政治資金問題を受けて辞任した。28年1月には、安倍首相の盟友の甘利明経済再生担当相が建設会社からの金銭授受問題を受けて辞任した。

 今村氏は今年4月、所属する自民党二階派の会合で講演し、東日本大震災の被害について「まだ東北で良かった」と発言。安倍首相はただちに今村氏を更迭した。





LEAVE A COMMENT