サッポロ、ワイン3万本超を自主回収 ラベルに誤り – ITmedia

Home » 企業不祥事・事件 » はごろもフーズ 異物混入問題 » サッポロ、ワイン3万本超を自主回収 ラベルに誤り – ITmedia
はごろもフーズ 異物混入問題 コメントはまだありません





 サッポロビールは6月21日、同社がイタリアから輸入・販売している赤ワイン「ルメ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 750ml」と白ワイン「ルメ・トレッビアーノ・ダブルッツォ 750ml」を自主回収すると発表した。瓶に貼付したラベル表示に誤りがあり、食品表示法違反に当たるためという。

 回収の対象となる商品は、2015年5月以降に輸入した計3万3600本。

photo
自主回収するワイン2種類

 赤ワインのラベルには、使用している食品添加物「アラビアガム」を記載していなかった。白ワインのラベルには、実際は使用していない添加物「酸化防止剤(ビタミンC)」を誤って記載していた。

 ミスの原因について、サッポロホールディングスは「当社がラベルの内容を精査しないまま、製造元に貼り付けを依頼してしまったこと」(コーポレートコミュニケーション部)と説明する。

 当該商品を購入した顧客は、専用窓口に料金着払いで送付することで、後日、正しいラベルに貼り替えた商品を受け取れる。

photo
専用窓口の連絡先

 サッポロビールは「当該商品を飲用した場合も、健康への影響はない。また、6月22日現在で、健康面に関するお客さまからのご連絡はない」としている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



新着記事

news133.jpg

産学官一体で被害防止策を考案:
news119.jpg

ハード所持者の2人に1人:
news130.jpg

国内好調、海外は苦戦:
news122.jpg

ビッグ3にデータ提供の可能性:
news120.jpg

ダイムラーが当局に情報提供:



LEAVE A COMMENT