大腸がんや大腸腫瘍性ポリープの発見率が98%にもなる「人工知能(AI)」による内視鏡検査! – ニフティニュース

Home » 国・自治体不祥事 » 千葉県がんセンター腹腔鏡手術死亡問題 » 大腸がんや大腸腫瘍性ポリープの発見率が98%にもなる「人工知能(AI)」による内視鏡検査! – ニフティニュース
千葉県がんセンター腹腔鏡手術死亡問題 コメントはまだありません



大腸がんや大腸腫瘍性ポリープの発見率が98%にもなる「人工知能(AI)」による内視鏡検査!

「人工知能(AI)」による内視鏡が98%もの大腸がんや大腸腫瘍性ポリープを発見(depositphotos.com)

 国立がん研究センターと日本電気(NEC)は、「大腸がん」や前がん病変である「大腸腫瘍性ポリープ」を内視鏡検査時にリアルタイムに発見する人工知能(AI)を用いた内視鏡診断サポートシステムの開発に成功した(「CBnews」2017年7月10日)。

 大腸腫瘍性ポリープは、大腸がんの前がん病変であるため、内視鏡検査時に発見・摘除すれば、大腸がんへの進行を抑制できる。だが、ポリープのサイズが小さく、形状が認識しにくければ、内視鏡医が見逃す場合が少なくない。

 だが、この内視鏡診断サポートシステムなら、大腸の内視鏡検査時に撮影されるMRI画像によって、大腸がんや大腸腫瘍性ポリープをリアルタイムで自動検知し、内視鏡医の病変発見をサポートできる。

 国立がん中央病院内視鏡科による所見が付けられた約5000例の内視鏡画像をNECのAI技術に学習させ、新たな内視鏡画像を解析したところ、がん発見率は98%だった。

 また、画像強調内視鏡などの新しい内視鏡を利用し、大腸ポリープの表面の微細構造をAIに学習させれば、大腸ポリープの質的診断や大腸がんのリンパ節転移の予測も可能になる。

 今後、国立がん中央病院内視鏡科に蓄積されている1600例以上の肉眼では認識が困難な平坦・陥凹性病変をAIに学習させつつ、システムの精度を上げれば、日本から世界市場への実用化も夢ではない。

国立がん研究センターが「次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)」を開設

 AIの内視鏡検査で大腸ポリープを高精度に発見できるなら、大腸がん克服への道筋が見えてくる。がん医療の大きなブレークスルーが起きるかもしれない。

 さて、2017年5月8日、国立がん研究センターは、東病院(千葉県柏市)内に次世代手術ロボ開発拠点となる「次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)」を開設した。地上5階建て、総延床面積は約1万m2の同センターは、東病院の外科・内視鏡治療の機能を移行・拡張し、手術支援ロボットなどの次世代医療機器の開発拠点となる。

 1階に内視鏡検査・治療を担う計16室の内視鏡センター、2階に医療機器イノベーションの創出と早期臨床応用をめざす「NEXT医療機器開発センター」、3階に集中治療室(ICU)と中央材料室、4階に計12室の手術室を完備している。

 特に、イノベーション創出の拠点となる「NEXT医療機器開発センター」は、機器開発用の模擬手術室や遺伝子検査室のほか、千葉大学などパートナー機関との共同研究室、腹腔鏡手術支援ロボットを手掛ける国がん発ベンチャー「A-Traction」の開発施設などが入居。世界有数の外科・内視鏡技術と最先端の科学技術のマッチングによって、年間8000人以上の患者に最適な治療の機会と、質の高い治療を提供することをめざしている。

 このような内視鏡検査技術や手術支援ロボットなど、医療現場をイノベーションするAIのニューウエーブの進化は、目まぐるしい。AIと産学官研究プロジェクトのコラボは、日々加速しているので、目が離せない。

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「AIと医療イノベーション」バックナンバー





LEAVE A COMMENT