甘利氏辞任、罠に嵌った政治家の末路 – iRONNA(いろんな)

Home » 政治スキャンダル » 甘利明衆議院議員 現金授受問題 » 甘利氏辞任、罠に嵌った政治家の末路 – iRONNA(いろんな)
甘利明衆議院議員 現金授受問題 コメントはまだありません



 「道路工事をめぐるトラブルでUR(都市再生機構)に口利きした見返りに多額の現金を受け取った」。週刊誌が報道した疑惑で、甘利明TPP担当大臣が今夕、辞任した。

 「(カネは)適正に処理している」「秘書への監督不行届き」「S社は3年連続の赤字企業」…記者会見で甘利氏は用意してきた原稿を30分間にわたって読み上げた。

 現金授受は認めながらも口利きは否定。しかも自分は被害者であるかのような内容だ。ヤメ検の弁護士が書いたと分かる原稿の朗読が終わると質疑応答に移った。司会進行は内閣府の役人だ。

 記者クラブ6名、インディペンデント・メディア1名が指名された。「はい●●さん」「はい◇◇さん」と名指ししてゆく。インディペンデントに関しては「はい、そちらの方」だった。読売は2人続けて指名された。

 記者クラブメディアからの質問に追及らしきものはなかった。酷いのになると甘利氏に弁明の機会をわざわざ与えた。甘利氏の答えを純朴な人が聞くと「悪い奴にハメられて甘利さんは気の毒ね」と思うだろう。

 長年記者をやっているが、これほどまでに権力者に寄り添う会見は初めてだ。記者も酷いが官僚も同じくらい酷かった。甘利氏の記者会見は午後6時から。民主党はこれに先立ち、午前と午後に一度ずつ国土交通省、URからヒアリングをした。

 口利きに関わったとして週刊誌に登場する国土交通省の局長やURの総務部長らが顔を揃えた。民主党議員の質問は至ってシンプルだった。週刊誌に報道されているような「口利き」「甘利事務所との接触」はあったのか?  などとする内容だ。

 官僚たちは異口同音に「(事実関係は)まとめて公表する」と答えた。一点張りだ。甘利大臣の地元事務所を訪れたことが報道されているURの総務部長は、民主党議員から「大和(地元)の事務所に行ったのか?」と問い詰められても「まとめて公表する」としか言わない。壊れた蓄音機である。

 甘利大臣の記者会見と齟齬が出てはならないので、それまではダンマリを決め込む作戦だ。国交省とURからのヒアリングが終わって1時間後に開かれた記者会見で、甘利氏は現金授受は認めたが、口利きについては「記憶にない」とした。

 マスコミは政官一体となった隠ぺいを突かなかった。触ろうともしない。記者クラブ、官邸、霞が関による鉄のトライアングルが、幕引きを図ろうとしている。(田中龍作ジャーナル、2016.01.28





LEAVE A COMMENT