下村文科相が反社会勢力の献金は返金、「博友会」から献金受けず – ロイター

Home » 政治スキャンダル » 柚木道義衆院議員 1日でタクシー代94万円計上 » 下村文科相が反社会勢力の献金は返金、「博友会」から献金受けず – ロイター
柚木道義衆院議員 1日でタクシー代94万円計上 コメントはまだありません



[東京 26日 ロイター] – 下村博文文部科学相は26日午前の衆議院予算委員会で、自身が代表を務める政党支部が、反社会的勢力と関係のある個人から献金を受けていたとの疑義について、今年1月に返金したことを明らかにした。週刊誌報道にある政治団体をめぐる資金の流れについても、「事実と異なり、憤りを持っている」と述べた。

柚木道義委員(民主)の質問に答えた。

下村文科相は、週刊誌で疑義が指摘されている「博友会」をめぐる資金の流れについて、この団体が自身の講演会を開催するなど、懇親的な活動を行っているとする教育関連の任意団体だと説明。その中の中部支部からの献金については、「政治目的の会ではなく、ましてや政治献金のためのものではない」と主張、「献金を受けたこともない。私の政治活動とは関係ない」と述べた。

この団体について、過去にネット上で「私の後援会の一つ」との表現をしていたことについて下村文科相は「通常の意味の政治団体ではなく、教育仲間としての懇親会ということ。誤解を招くなら、適切ではなかった」と釈明した。

過去の政治資金報告書を訂正した学校法人2校からの献金とは別に、柚木委員が指摘した新たな5つの学校法人からの寄付に関し昨年の安倍晋三首相による解散表明の時期に訂正を行ったことについては、文科相は「私自身は承知していない」として、「チェックしたい」と述べた。それらの学校法人が1年以内に補助金を受けていれば政治資金規制法違反となるため、「補助金を受けているかも調べたい」という。

大阪市内からの企業や個人からの献金は「代表者が日本人ではなかった(ことが後で判明した)ので、返金した」ことを明らかにした。

 *誤字を修正します。

((ロイターニュース 中川泉 編集:中山陽子、田中志保))





LEAVE A COMMENT