五輪会場見直しで日本ゴルフ改革会議が会見(全文1)霞ヶ関は向いていない – BLOGOS

Home » 政治スキャンダル » 初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 » 五輪会場見直しで日本ゴルフ改革会議が会見(全文1)霞ヶ関は向いていない – BLOGOS
初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 コメントはまだありません



五輪会場見直しで日本ゴルフ改革会議が会見(撮影:具志堅浩二)

 日本ゴルフ改革会議(大宅映子議長)が11日午後3時半から都庁で記者会見を行った。

 同会議は、2020年東京五輪のゴルフ競技会場の見直しを提言しており、現行の霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)から、若洲ゴルフリンクス(東京都江東区)を含めて再考すべきだとしている。

 会見には評論家の大宅議長をはじめ、ジャーナリストの蟹瀬誠一副議長、参院議員の松沢成文委員、ジャーナリストの上杉隆事務局長らが出席する予定。

 報道によると、東京五輪のゴルフ会場をめぐっては、組織委の森喜朗会長が1月4日に選手村からの距離などを挙げて「本当にできるのか」などと懸念を表した一方、10日には武藤敏郎事務総長が会場見直しを否定している。

日本ゴルフ改革会議の成り立ちとこれまでの活動について

時事通信:幹事の時事通信です。それでは、よろしくお願いします。

上杉:はい。日本ゴルフ改革会議の記者発表をさせていただきますが、まず先立って、この当会、日本ゴルフ改革会議の成り立ちと、そしてこれまでの活動について、簡単に事務局長である私、上杉隆のほうから、まず冒頭、説明をさせていただきます。で、そのあとの議長の大宅映子議長からお話、そして議長団からこれまでの経緯、あるいは今年の冒頭に森喜朗組織委員会会長が発言をされたゴルフ場の会場問題について、これを中心に今日は、お話をさせていただきたいと思います。

 まず当会、日本ゴルフ改革会議は2014年の7月に非営利の組織として誕生しました。それまでゴルフ界には17の団体があったのですが、それとは一線を画して、どこの利益にもくみしないという形で、本来のゴルフのあるべき姿ということで、皆、手弁当。むしろ、お金を出し合いながら、日本のゴルフの未来と発展に寄与するような活動をするという目的で設置されたものです。当初からの議長が大宅映子さん、そして副議長に、今日お越しの蟹瀬誠一さん、それから玉木正之さん、諸星裕さん。事務局長が私、上杉隆。そして委員には国会議員あるいは都議会議員、それから文科省の関係者、それからゴルフのプロ。今日も来てますけど、プロゴルファーも多数、入って、これまで、最初、当初は、月2回のペースで国会の場所を借りて討論、あるいは議論をしてきました。その中でアジェンダをいくつか発表して、1つのアジェンダにつき、だいたい平均して視察も含めると1年から、あるいは半年という時間をかけてアジェンダを発表してきました。

 今日お話しするのは、その2回目の、2つ目のアジェンダのゴルフ場の会場問題。これについて長く調査をし、そして発表してきた数々のことを受けて、それについての、あらためての申し入れというのを東京都知事ならびに組織委員会、そして、すでに昨年末には申し入れをしたんですが、IOCのほうにペーパーで、英文のペーパーで、バッハ会長、コーツ副会長などに申し入れをしたということを受けて、あらためて東京都の皆さん、都庁記者クラブの皆さんに、これまでの経緯と、そして流れというのを説明させていただくと、こういう会でございます。ざっと話しましたが、まず趣旨も含めて大宅議長のほうから、この会の趣旨と今回のアジェンダ、オリンピックの会場の問題について一言いただけますか。

若洲から霞ヶ関に変更になった過程がはっきりしていないのが問題

大宅:一言。私は、ただOne of ゴルフを愛する者として、日本の現状、ゴルフはぜいたくなものと扱われている、利用税を取られているとか、公務員倫理法に禁止というふうなことが書かれているなということをどうにかしたい。それと、まったく逆に教育的効果が、ものすごくある人生修行の場だと、私はゴルフを捉えていますので、それにのっとって、みんなで、本当に今、話がありました手弁当でやっているわけですが。

 で、オリンピックっていうものが上がってきたときに、最初に若洲っていうのが挙がっていたのが、途中からそれが消えて、国際的な競技をやったことがあるというような条件が入ったせいかどうか分かりませんけど、その過程が実は、はっきりしないのが大問題なんですが、霞に決まったということになって。ところが、この4日でしたか、森さんがおっしゃったの。

男性:そうです。

大宅:今まで、ずいぶん会場の問題が話題になっていましたけれども、ゴルフ場の決定に関しても、おかしいかもしれないという発言が、今日になって武藤さんが、いやいや、それは会場を変えるわけではないというような話もありましたけれども、たぶん皆さんは、ゴルフ場をどこでやるかなんていうことは、あんまり、ご関心がないんじゃないかというふうに思いますので、どうしてそういう話になってきているかっていう話を、今日、皆さんにしたいと思って、蟹瀬さんにしていただく?

男性:はい。

上杉:そうですね。じゃあ副議長、蟹瀬副議長。

レガシーを残すためにもパブリックのコースでやるべき

蟹瀬:私もゴルフを愛する1人として、この会に参加させていただいているんですけども、やっぱり、このゴルフ改革会議は、先ほど上杉くんのほうからも説明がありましたけれども、やっぱりOPEN & FAIR と、これをキーワードに横も縦もしがらみなく、日本のゴルフの発展を目指すということを提言していく組織としてスタートしてますので、ちょうどタイミングとしては、このオリンピックの問題が出てきて2020年の、このオリンピック、立候補ファイルというのが当然、事前に出されるわけですけども、それが2012年の場合には若洲になっていたのにもかかわらず、2013年になって、この霞になった。

 で、その後、いろんなところで、メディアに対して、これはIGFという組織のルールにのっとってとか、いろんな説明があるんですが、それ自体は実は調べていくと、それほど説得力のある話ではなくて、単純な例で言いますと36ホール必要だというような文言がありましたけれども、実際にはリオのオリンピックは、もうご案内ように18ホールというので、オリンピックがやられている。そういう、いろいろな部分で齟齬(そご)が出てきていると。

 そして、今年になって、この森元総理が、この霞ヶ関というところが果たしてベストかどうかというようなクエスチョンマークを付けて、お話をしていただいていますし、それから、もうご記憶の方もいらっしゃると思いますが、JGAの会長の倉本さん、PGAの倉本さんも同じような、霞ヶ関と比べて若洲がどれだけ魅力のあるコースかというようなことも公に出されている。さらにはJGTOの青木会長が、きのう?

 今日?

男性:森会長の発言の翌日。

蟹瀬:翌日でしたかね。やはりオリンピックというのは、レガシーを残すためにもパブリックのコースでやるべきだろうと。プライベートの閉じられた、限られた人しかできない、霞ヶ関に関して言えば、日曜日は女性もプレーできないというような、言ってみれば、オリンピック精神とは相いれないような形のところでやるのではなくて、リオもプライベートからパブリックのコースに変わりましたよね。そういう、東京都民、あるいは一般の人たちが自由にプレーをできる、開放されたところでレガシーを感じて、また残していけるような会場にするべきではないかという議論がずっと高まってきました。

 で、お手元にある松沢議員から配られた資料の最後にもありますように、これは非常に分かりやすい比較表なんですけども。

大宅:この色が付いている。

蟹瀬:丸、ばつが付いているものですね。これですけども、レガシーとなるか、あるいは国民が利用できるか。それから会場へのアクセス。これは、私ども非常に心配したとこです。それから宿泊施設。なんといっても気候条件ですね。これはもう夏の埼玉はどういうことか。

大宅:この裏に。

蟹瀬:もう皆さん、ご説明の必要ないと思いますし、それからコースの設定。これは割と、若洲はこれから直さなければいけないところはあるでしょうけども、十分に、そこでオリンピックを開催できるということは、倉本さん辺りも、きちんとこれは明言をされています。むしろ景観も素晴らしいし、東京というものを体験できると。

 で、開催経費。これがやはり今回のオリンピックの場合は、もう2兆、3兆なんていう金額が出てきました。で、それに対して、そんな税金をつぎ込むっていうのはおかしいだろうっていうことで、これまでもいくつかの会場、競技場の見直しというのが行われてきたわけですけれども、オリンピックの場合もこの開催経費は霞ヶ関でやる場合と若洲でやる場合ではもう圧倒的に金額は若洲のほうが安く済みますし、都心にあって、これは都の所有のゴルフ場なんですね。そういう側面もある。

 さらにはよく小池知事がおっしゃってるようにアスリートファースト、あるいはギャラリーファーストという点でも、おそらく2万人ぐらいの方がその炎天下のアクセスが悪くて宿泊施設もうまく整っていないところに集まる危険ですね、それと比較して若洲の場合は本当に都心にありまして、何かあった場合にも医療施設は非常に周りにきちんとあると。宿泊施設もありますし、海風でゴルフのプレー自体も非常に、選手にとってもチャレンジングな、いいゴルフ場ができるだろうと。

 こういうふうに比較をしていきますと、これは若洲がなぜ途中で、この霞ヶ関に変わってしまったのかというところの、私どもから言えばグレーな決定プロセスですね、ここのところに実はメディアの方を含めて、メスを入れていただけるとオリンピック全体の、東京オリンピック、今回の持っている構造的な問題というのが私は浮かび上がってくるような気がしております。以上です。





LEAVE A COMMENT