“ゆるキャラ”で脱蓮舫狙う民進党 – エキサイトニュース

Home » 政治スキャンダル » 初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 » “ゆるキャラ”で脱蓮舫狙う民進党 – エキサイトニュース
初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 コメントはまだありません



 民進党は、公募した新しい“ゆるキャラ”1523点を女子学生らによる選考会を通過した10案から、類似性などのチェックを経た上で4案に絞り込んだ。その中からネット投票で1つに決めることを20日発表した。投票期間は来年1月20日まで。

 初鹿明博青年局長(47)は「わが党の蓮舫代表は怖いというイメージがあると思うので、かわいいキャラを重視した」と話し、新しいゆるキャラには“脱蓮舫”を期待するという。舌鋒鋭い批判を繰り返す蓮舫代表(49)とは対照的なキャラが採用されそう。

 同党は深刻な支持率低下から、党名やロゴマークが有権者に浸透していないことを踏まえ、ロゴマークを生かしたデザインも重視したようだ。

 ネット投票の結果は、来春の党大会でお披露目する予定。ゆるキャラの名前は、蓮舫代表が命名することも決まった。

「新しいゆるキャラは、旧民主党時代のゆるキャラだった“民主くん”のように、着ぐるみを製作して街頭演説に投入するほか、グッズにすることも検討している。蓮舫代表が新しいゆるキャラにどんな名前をつけるのか楽しみにしている」(初鹿氏)

 党勢回復のため、新しいゆるキャラで勝負に出る姿勢を打ち出す蓮舫執行部に対して、必ず批判が出るのも同党のお家芸だ。

「蓮舫代表は、ゆるキャラの名前をパンダの“カンカン”“ランラン”という感じで、若い世代や子供を持つ親たちが呼びやすいイメージで考えていると噂されている。しかし、高齢のシルバー世代は、政治とゆるキャラが絶対リンクしない。民進党の話題がゆるキャラしかないようだと、選挙で苦しむだけになってしまう」(同党国会議員)

 もっとも、安倍首相がもし来年1月に衆院解散に踏み切った場合は、お披露目は間に合わなくなってしまうというが…。

 蓮舫氏は新しいゆるキャラを生かすことができるのか。





LEAVE A COMMENT