清水良太郎、違法カジノ店出入りで活動自粛…3月ミュージカルも降板 – サンケイスポーツ

Home » 政治スキャンダル » 初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 » 清水良太郎、違法カジノ店出入りで活動自粛…3月ミュージカルも降板 – サンケイスポーツ
初鹿明博衆議院議員 ラブホに女性連れ込み未遂 コメントはまだありません



 俳優、遠藤要(33)と違法カジノ店に出入りしていたと10日発売の週刊誌「FRIDAY」に報じられた俳優、清水良太郎(28)が、東京・赤坂ACTシアターで上演されるミュージカル「花・虞美人」(3月26~31日)を降板することが分かった。

 同公演の公式サイトで発表され、製作側は「事実関係の如何を問わず、掲載記事に対する責任もあり、所属事務所より降板の申し出がありました」と説明。代役は調整中という。

 また、13日に広島県内、14日に東京都内で行う予定だったディナーショーも中止に。清水の所属事務所によると、その後については検討中だが、当面の間、活動を自粛するとみられる。事務所スタッフは現在、関係各所に謝罪行脚をしているという。清水は昨年5月に一般女性と結婚し、同11月に第1子の長女が生まれたばかりで「家族に申し訳ない」と深く反省しているようだ。

 同誌は1月下旬に東京・池袋の闇カジノでバカラに興じていたとして写真も掲載。清水の所属事務所は9日、入店の事実は認めた上、違法賭博行為は否定した。





LEAVE A COMMENT