文科省の国立大評価で最低ランクは群馬大と東京学芸大、最高は? – ダイヤモンド・オンライン

Home » 国・自治体不祥事 » 群馬大学病院腹腔鏡手術後8人死亡事故 » 文科省の国立大評価で最低ランクは群馬大と東京学芸大、最高は? – ダイヤモンド・オンライン
群馬大学病院腹腔鏡手術後8人死亡事故 コメントはまだありません



付属高校でいじめの対応が不適切だったことで最低ランクに評価された東京学芸大学

 文部科学省の有識者会議・国立大学法人評価委員会は6月6日、全国の国立大学の教育や業務運営に関する評価結果を公表した。

 付属病院で死亡事故が相次いだ群馬大、付属高校でいじめの対応が不適切だった東京学芸大が、業務運営の分野で5段階評価で最低ランクに位置付けられた。

 有識者会議は6年に1度、全国に86ある国立大学などを対象に、各大学が設定した中期目標の達成状況を評価している。NHKニュースによると、中期的な評価は2回目で、今回は2010年度から15年度の期間で調査、分析した。

 評価方法は、教育や研究、業務運営など8分野で、「非常に優れている」「良好である」「おおむね良好である」「達成状況が不十分である」「重大な改善事項がある」の5段階。

 全8項目を通して、群馬、東京学芸の2つの大学のみが、業務運営の分野で最低の「重大な改善事項がある」と評価された。2004年度から09年度を対象にした1回目の評価では、全ての項目を通じて最低評価を受けた大学はなかった。

 群馬大に対しては、付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者が相次いで死亡した事故について触れ、「適切な要因分析や病院長への報告がなされることなく手術が継続して行われていたことがあり、特定機能病院の承認が取り消されるという事態に至った」と指摘。評価理由として、「医療安全管理体制に抜本的な改善が必要と判断される」ことを挙げた。





LEAVE A COMMENT