ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】 – ニフティニュース

Home » 企業不祥事・事件 » アパホテル南京事件否定本 » ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】 – ニフティニュース
アパホテル南京事件否定本 コメントはまだありません



 ここ何年も、外国人に対するヘイトスピーチがネット上に蔓延しており、重大な人権侵害となっている。となれば、反差別の運動も目立つようになるが、現在、ネット上で起こっている反差別運動の実態はどうなっているのか。これまでのネットを中心とした反差別運動の歴史をひもときつつ、「レイシストしばき隊」ら“反差別界隈”の動きと現状について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏がレポートする(全4回中第1回・文中一部敬称略)。

 * * *
 2017年6月2日、奇妙なキーワードがヤフーリアルタイム検索のトレンドワード1位を獲得した。それは「奇妙な果実」である。これは、アメリカのソウル歌手・ビリー・ホリデイによる曲のタイトルだ(原題=Strange Fruit)。「奇妙な果実」とは、アメリカの差別主義者の白人によって木に吊るされて死んだ黒人のことを意味する。漫画『美味しんぼ』3巻でも登場したことで、知った人も多いだろう。ジャズバーでソウル・シンガー「サディ・フェイガン」が同曲を歌うが、客席の山岡士郎と栗田ゆう子はこうやり取りをする。

〈栗田:これは…何と言う歌なの?
山岡:「奇妙な果実」、白人に私刑(リンチ)を受けて、木に吊された黒人の死体のことだ………。白人に虐げられててきた黒人の悲しみが哀切極まりなく胸を打つ……〉

 今回の「奇妙な果実」のトレンド1位入りが一体なぜ起こったのかといえば、ツイッターユーザー・BuddyLeeが、ハッシュタグ「#安倍を吊るせ」に乗っかる形で「奇妙な果実にしちまおう」と書き込んだことにある。「安倍を吊るせ」のハッシュタグを使い始めたのは野間易通という有名な活動家であり、反原発の活動を経て「レイシストをしばき隊」(現C.R.A.C.)の中心メンバーとなった人物だ。しばき隊は東京・新大久保のコリアンタウンなどで「朝鮮人をガス室に送れ!」「良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」のように、排外的なデモをしていた在特会(在日特権を許さない市民の会)を中心としたネトウヨに対する「カウンター」として2013年2月9日に登場した。

 排外デモ参加者は、しばき隊が登場するまで「お散歩」と称し、デモ終了後に集団で街を練り歩き、韓国人や中国人が経営する商店で「看板が道に出てるだろ!」といった形で一見良識ある市民を装い恫喝を繰り返していたが、しばき隊はそれを阻止することを目的とした。その後、デモの際はしばき隊の分派も含め多数のカウンターが自発的に続々と参加し、人種差別主義者への抗議の声を各者各様の形であげた。その活動は当時リベラル系のメディアからは称賛され、「差別と対峙する立派な人」という扱いを受けていた。事実、彼らの当時の功績は大きなものがあるだろう。

 彼らは現在「野間界隈」や「しばき界隈」「反差別界隈」といった言われ方もされるが、野間という親分のツイッター上の号令、ないしはその時々のお仲間さんが醸し出す空気のもと、「レイシスト」「差別主義者」を糾弾し、反安倍政権を主張する声が一斉に広がっていくのが特徴である。もちろん野間とは関係のない者が多数だろうが、論調として野間的な意見が反差別界隈では共感される傾向にある。元々は反差別を掲げていたが、最近は「反安倍政権」も主張の軸となっている。主たる情報発信のツールはツイッターである。今回BuddyLeeもその号令に従った形だ。最近でも野間は「東京メトロの駅員を罵倒しろ」「書店で大声で騒げ」といった扇動をし、一斉にそのシンパたちが従ってきた。前者は北朝鮮がミサイル実験をした際に東京メトロが運転を見合わせたことに対して抗議せよ、ということである。後者は『韓国人に生まれなくて良かった』(元・駐韓国特命大使・武藤正敏著)という書籍発売にあたり、この本を平積みしているような店では大声で書店員を怒鳴っていい、という主張だ。つまり、「“ヘイト本”を売るような書店員は罵倒しろ」という扇動だ。

 前者は分かりにくいかもしれない。「なんで地下鉄の駅員と差別が関係あるの?」と思うことだろう。基本的に日本の左翼活動家は韓国・北朝鮮・中国に好意的で日本を叩く傾向にある。北朝鮮によるミサイル実験は「正当な実験」「危険ではない実験」であり、それにいちいちビビって地下鉄を止めてるんじゃねぇ! 政権及びマスコミの「北は怖いぞキャンペーン」にいちいち乗っかって東京メトロは北朝鮮の恐怖を煽るんじゃねぇ! てめぇら、官邸のことを「忖度」しやがったな、この野郎! よし、こうなったら東京メトロの駅員を罵倒するぞ! という何が何やら分からぬロジックの扇動をしたのである。とにかく「反安倍政権」「親韓中北」になるのであれば、何でも利用し、進軍ラッパを吹いてシンパたちを動かしていくのだ。あとは得意の「指先検索」により、次の糾弾相手を探していく。

 今回野間が「#安倍を吊るせ」に至った前段として、「前川さんにしろ詩織さんにしろ、ガツンと前に出てちゃんとレジストするやつがいるんだよ。全力でバックアップだよ。」というツイートがある。これを意訳すると「反安倍政権のために闘う前川喜平・文科省前事務次官と、安倍ベッタリジャーナリスト・山口敬之にレイプされたと顔出しで告発した詩織さんを(政権打倒のために)全力で応援しよう」ということになる。

 それに続くのが「#安倍を吊るせ」のツイートになるのだ。このツイートは他の文章は一切なく、ただ「#安倍を吊るせ」のハッシュタグだけが投稿された。これに呼応する形で、シンパたちが「#安倍を吊るせ」のハッシュタグを使い始め、BuddyLeeが一線を越える形で「奇妙な果実にしちまおう」=「安倍首相をリンチし、首にロープかけて木に吊るして絞首刑にしてしまおう」という扇動をしたのだ。

 普段から反レイシズムを標榜し、ネトウヨを含めた人種差別主義者を糾弾してきた「しばき界隈」がまさかの黒人差別を批判する曲名を出して安倍晋三首相の殺害扇動とも取れるツイートをしたことにより、完全に化けの皮が剥げた。その後BuddyLeeは押し寄せる批判に対して正当性を強弁し、罵倒を続けていたが、さすがに「奇妙な果実にしちまえ」はヤバ過ぎると理解したのだろう。謝罪をしたうえで、謹慎をすると宣言した(すぐに復活)。その謝罪文は以下のものである。

〈このシビアな時期においてした軽率なツイートをいくつか消去致しました。このツイートで不利益を与えてしまった皆様方にお詫びいたします。また、6時間ほど見知らぬホシュの方からのご意見を拝見致しましたが、どれも貴重なもので啓発されました。なおフォローリクエストを多数頂いておりますが、謹慎中のためご期待に添えず申し訳ありません。〉

 ここで「不利益を与えてしまった皆様方にお詫びいたします」とあるが、これは前川氏、詩織氏という安倍政権にダメージを与える可能性がある「神輿」がせっかく登場し、攻撃のチャンスだったのに自陣営が逆に叩かれる状況を作って謝罪していると解釈できる。本来謝罪すべき相手は安倍首相であり、黒人、そして故・ビリー・ホリデイ及び曲の関係者に対してであるにもかかわらずだ。その後、BuddyLeeはツイッターの運営によりIDを凍結された。

◆「反差別界隈」は反差別でもなんでもない

 反差別界隈は、アイドルグループ・欅坂46がナチスの制服に似たコスチュームを着用した際、米のユダヤ関連団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターに通報。さらには「反差別統一戦線東京委員会」というツイッターIDが、外国人記者及びメディア、各種人権団体等600以上の個人・組織に次々とツイッターでメンションを送り、国際問題化を試みた。2016年11月1日、欅坂46の総合プロデューサー・秋元康は、これに対して以下のように謝罪している。

〈ニュースで知りました。ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした。スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています。再発防止に向けて、すべて事前にチェックし、スタッフ教育も徹底して行いたいと思います〉

 そして「反差別統一戦線東京委員会」は、「この件は秋本康が五輪組織委員会理事であることも含め、IOCを巻き込んで大炎上させる必要があります」(原文ママ)とツイート。「反差別統一戦線東京委員会」は、アパホテルが南京大虐殺はなかった、とする書籍を部屋に置いていたことがアメリカ人観光客の動画投稿により拡散した際も「アパとレイシストの件、ヨーロッパの記者180名に通知完了。米向けは21:00頃に再開します」とやっていた。日本国内の差別案件に敏感で、得意の英語とフランス語を駆使して海外に拡散させることに長けた人物なのである。

 となれば、今回の件も「反差別統一戦線東京委員会」は黒人団体に通報すべき案件だろうが、結局は「お仲間」なので通報はしない。彼らが重視するのは「何を言うか」よりも「誰が言うか」なのだ。野間もBuddyLeeも「反安倍政権」という立場で一応は考え方が似ているだけに味方認定をし、こうした差別発言、人権侵害扇動があってもだんまりを決め込む。明確な二重基準を持っているのだ。なお、この件で野間はBuddyLeeを切るようなツイートをし、BuddyLeeは慌てて取り繕うようなツイートをして「謹慎」を解いた。

 と考えれば、野間も含めた「反差別界隈」は反差別でもなんでもない。彼らは単に反安倍政権派であり、糾弾マニアであり、「反差別」は糾弾をする正当性を与える印籠でしかなかった、ということだ。すでに化けの皮はここ数年剥がれてきてはいたものの、一応「ヘイト認定」「レイシスト認定」を食らった側は彼らの認定の前には「グヌヌヌヌ」と臍を噛むしかなかったので、今ここで彼らの実態を淡々と紹介しよう。

 何しろ、ヘイト認定・レイシスト認定をくらうと一斉に反差別界隈から罵詈雑言が寄せられるのである。これを経験した人は案外多いだろう。かくいう私も彼らからはレイシスト認定をくらっている。結局彼らは気に食わない人間をレイシストだと認定し、気に食わない発言や行動をヘイト認定するだけなのだ。そうした実例については本稿で紹介していく。

◆「しばき隊」「反差別界隈」「彼ら」

 前置きが長くなったが、本稿では、「しばき隊」を含めた反差別のネットでの動きを振り返ってみる。膨大なエピソードがあるので、一部ヲチャー(ウォッチャー)にとっては物足りないものになるかもしれないが、初心者向けということで書いてみる。恐らく、右派以外の職業的モノカキや知識人は彼らを正面切っては批判してこなかっただろう。なにせ、批判するとネトウヨ/レイシストのレッテルを貼られてしまうのだから。また「反差別」を標榜している人間を非難すると自分が差別主義者だと思われてしまうため、批判はし辛かったことだろう。いや、もしかしたら単に批判した後の一斉攻撃がウザかったからおかしな行動を彼らがし続けていることは分かっていたものの、スルーしていたのかもしれない。

 また、日本のジャーナリズム界隈では、サヨクの方が高く評価される傾向がある。保守派や右翼は「戦前の日本に戻したいのか」といった言われ方をし、叩きの対象になりがちだ。そして「●●のネトウヨ化が止まらない」と書かれるのだ。津田塾大学の萱野稔人教授は『サンデーモーニング』(TBS系)にもコメンテーターとして出演するほどのリベラル扱いをされていたが、アメリカでトランプ政権が誕生した後に出演した『報道ステーション』(テレビ朝日系)における発言で「ネトウヨ化」レッテルを貼られた。萱野はメキシコとの国境に住んでいるアメリカ人の白人が銃を持っている件について不法入国移民がいる以上仕方ないといった趣旨の発言をした。また、日本のメディアがトランプ支持者を低収入の低学歴扱いしたことにも苦言を呈したり、共謀罪に対して議論は尽くしたと意見したところ「萱野のネトウヨ化が止まらない」的な言われ方をした。

 現在の日本のネットの一部では、「右か左か」「差別主義者か否か」といった二元論でのレッテル貼り、無駄な争いが横行している。これは本当になんの生産性もないし、結局は両派が互いを罵倒しあうだけの結果になってしまい、まったく意味がない。対話もできない状況が続いており、もはやネットなんて見ない方がいいのでは、と思うレベルである。その中心がツイッターであり、かつて愚行を自ら晒す若者が相次ぎ「バカ発見器」と呼ばれたツイッターはすっかり「ケンカ発生器」と呼べる代物になっている。

 本稿の主役は「しばき隊」である。ただし、全面的にそう呼ぶことはやめておく。時々出るかもしれないが、微妙な使い分けをする。「しばき隊」を使うこともあれば、「反差別界隈」を使うこともあれば、「彼ら」という言い方もする。これは彼らの発言をウォッチしてきた結果としての使い分けであり、言葉がこんがらがるかもしれないが、この3つの言葉を使う場合は同じ対象について述べていると考えていただきたい。

 理由は「しばき隊」という言葉を使うと妙に彼らの気分を害するからである。「しばき隊なんていない」「カウンターは個々人が勝手に集まっただけだ」「しばき隊は解散し、今はC.R.A.C.だ」といった反論をされるが、「しばき隊的な人々」という広義の意味で「しばき隊」は使われているのである。いちいち「人種差別のカウンター活動を始め、その成功体験が忘れられずとにかく何があろうとも『反差別』の錦の御旗の元『レイシスト』『ヘイト』認定をして糾弾の対象を見つけ、一斉に罵倒する集団」と書くのは長過ぎるし、この長文を略して「JCSNHRHNKIBS」と書いてもまったくワケが分からない。だから「しばき隊」と書くのが便宜上伝わりやすいのである。ただ、本稿では彼らが呼び名にこだわっている以上「反差別界隈」も含めた呼び方の使い分けを行う。

 この“「しばき隊」なんかいないロジック”は奇妙なほど彼らが当初対峙していたネトウヨと合致する。ネトウヨも「ネトウヨなんていない! 我々は路上に出ている!」と言うし、「在特会」と言えば「在特会だけじゃない。『行動する保守』だ。単に愛国者が集まっているだけだ」と言う。或いは「今日のデモ主催は在特会ではない。〇〇会である!」ともなる。「外に出ているんだったら『ソトウヨ』かよ?」といったツッコミも存在するわけで、何やらラベルを貼られるのを嫌がる点では共通しているにもかかわらず、互いに「パヨク」「しばき隊」「ネトウヨ」とラベルを貼り合っているのだ。「パヨク」については後述する。

◆韓国に対する空気の変化

 さて、今回の「奇妙な果実騒動」は私がこうして反差別界隈のここ何年間かの歴史を振り返るきっかけになったわけだが、元々私はネトウヨによる排外・嫌韓デモは問題視していた。もちろん今もそうである。何しろ、ネット上ではすべての不幸の元凶が韓国にある、といった言説が2000年代中盤以降蔓延していたのである。現在「嫌韓」を経て「呆韓」「忘韓」になったといった言われ方もするが2000年頃まで一般の人にとって韓国はそれほど気になる国ではなかったのではなかろうか。当時10代~30代ぐらいの多くの人間にとってはこの程度の認識だったかもしれない。

〈同じ黄色人種で、ソウルオリンピックを成功させたアジアの立場が近い国。キムチとか辛いものが好きで、よくデモをやっている国。統一教会の合同結婚式は意味が分からないけど、大韓航空機撃墜事件は気の毒でした。チョー・ヨンピル、ケイ・ウンスクの歌は聴いたことあるよ〉

 ところが、明らかに韓国に対する扱いが変わるのを感じた騒動があった。2002年、日韓サッカーワールドカップである。元々日本の単独開催が有力視されていた。と思ったらいつの間にか「コリアジャパン」ということになっていた。一体なんじゃ、こりゃ? と思いつつも「まぁ、そうなったからには一緒に成功させるか」といった空気に日本人はなっていったのである。ところが大会が開始すると空気が変わった。私が「こりゃ、韓国おかしいぞ」と思ったのが決勝トーナメント1回戦の日本VSトルコ戦だ。

 当時のテレビは大会の盛り上がりを伝えるべく、韓国国内のスポーツバーやパブリックビューイングの様子も紹介していたのだが、日本が負けたところで韓国代表の赤いユニフォームを着た韓国人が大喜びをしたのである。それ以前の試合でも日本がゴールしたところで韓国人がブーイングするなどのシーンは見られたが、トルコ戦では「日本が負けてここまで喜ぶか?」といった気持ちは抱いた。

 韓国は決勝トーナメント1回戦のイタリア戦、準々決勝のスペイン戦でダーティプレイを連発し、さらには不可解な誤審やイタリアのエース・トッティへの意味不明レッドカードなどもあり、FIFAが選ぶ「ワールドカップの10大誤審」にこの2試合から2つずつ入ったのだった。これは今でも韓国サッカーの汚点になっており、2ちゃんねるでも事あるごとに蒸し返されるイシューとなっている。

 私は世界中の人々とともにワールドカップ観戦をしたいと考えてタイ・バンコクへ滞在していたのだが、世界のバックパッカーが集うカオサンロードでは、イタリア人とスペイン人が激怒しまくる姿を見たものだ。あとはすでに敗退していたイギリス人やアメリカ人もイタリア人・スペイン人を慰めていた。

 そして準決勝のドイツ戦、カオサンロードの近くにある安宿街の韓国料理店で韓国のサポーターとともに試合を観戦した。試合が始まる前、韓国人と喋ったのだが「日本はもう負けちゃって残念だね。我々の代表は優勝するから!」などと言われた。喜ぶ彼らを前にしているだけに、「韓国の勝利を願い、一緒に応援しよう!」と私も答えた。だが、内心はドイツに圧勝してもらい、この高慢ちきなお調子者どもがシュンとなる姿を見たかった。そう、共同開催のパートナーである日本が負けた時のあの喜びっぷりを逆にオレがやってやるか、とさえ思ったのである。ただ、その場で日本人は私と日本人の友人2人の計3人だけ。他の客はほぼ全員韓国人なので、無用な挑発行為はやめた。試合中は、ドイツのチャンスには黙り、韓国のチャンスにはガッツポーズをする、というプレイをした。結果はドイツの勝利。その時の韓国人の落ち込みようはすさまじく、さすがにビールを付き合ったのだった。

 決勝はブラジルとドイツになったが、あろうことか、韓国人はブラジルを応援するのはまだしも、ドイツのFW・クローゼやGK・カーンの遺影を丁寧にも作り、「負けて下さい」とのパフォーマンスをしたのだ。なぜそこまで恨むんだ! 一つ印象的だったのが、ブラジルとドイツが決勝にコマを進めた翌日のバンコクの英字新聞の記事にこうあったことだ。

〈ドイツとブラジルありがとう! ようやく最終的にはワールドカップがまともなワールドカップに戻ったよ!〉

 イタリア、フランス、イングランド、スペイン、アルゼンチンといった強豪国が早々と姿を消す大会で決勝が「トルコVS韓国」だったら悪夢であるといった論調の記事である。疑惑の判定が続いた韓国はさておきトルコはとんだとばっちりを受けた感はあるが、この記事の論旨には納得した。

◆サッカーに関する日韓の諍い

 この時、日本のネットでは「嫌韓」の動きが出始めてきた。準決勝まで韓国代表が進んだにもかかわらず、日本は決勝トーナメント1回戦で敗退したことをバカにするような韓国人の意見も紹介されたからである。

 サッカーに関する日韓の諍いについては、2011年1月のアジアカップ準決勝の日韓戦の時に発生。ゴールを決めたキ・ソンヨンが、頬をかく「猿マネパフォーマンス」をし、日本を侮辱した。キは「観客席の旭日旗を見て涙が出た」といった理由を揚げ、日本への対抗意識を示したのは旭日旗のせいである、という説明をした。しかし、これは単なる差別主義者との批判から逃れるための咄嗟に作り上げた言い訳だろう。

 また、東日本大震災の後に行われたACL(アジアチャンピオンズリーグ)のセレッソ大阪対全北戦で、全北のサポーターが「日本の大地震をお祝います。」と書かれた垂れ幕を掲げ、セレッソ側の抗議で前半途中に取り下げられたこともある。旭日旗についてはキ・ソンヨンの件以降問題視されるようになり、2013年7月にソウルで行われた東アジア大会の日韓戦で日本のサポーターの男性が旭日旗を掲げ、没収された。男性は韓国のサポーターが伊藤博文殺害で知られる安重根の横断幕を掲げたことへの「仕返し」として旭日旗を掲げたとNEWSポストセブンの取材に対して明かしている。他にも2017年5月にACL・川崎フロンターレ対水原戦で川崎サポーターが旭日旗を掲げ、AFC(アジア・サッカー連盟)主催の1試合の無観客試合と罰金1万5000ドルが言い渡された。

 2014年3月のJリーグ浦和レッズ対サガン鳥栖戦では、観客席への入り口に「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられた。「日本人しか入ってはいけない(外国人お断り)」とも解釈できるだけに問題視され、浦和は次のホームでの試合である清水エスパルス戦でJリーグ史上初の無観客試合実施という処分を受けた。なお、この横断幕の意図は、開幕前に浦和へ移籍してきた元韓国籍の李忠成に向けたもの、という分析もある。

 2017年5月には浦和レッズと済州がACLで試合をしたが、1点差でリードする浦和が試合終了直前にコーナーポスト近くでボールを回し、時間稼ぎをしていたことから小競り合いが発生。そこになぜか韓国の控え選手、ペク・ドンギュがピッチ内に乱入し、阿部勇樹にエルボーを食らわせた。浦和の勝利となった試合終了後、槙野智章が大喜びしていたらそれが韓国にとっては「挑発行為」に見えたと主張しており、槙野が韓国の選手やスタッフから追いかけられる事態にもなった。

 話はサッカーから外れる。日本では2004年の『冬のソナタ』を始めとした韓流ドラマや、東方神起を始めとしたK-POPスターが大ブレイクをする時期の少し前でもある。その頃、新大久保のコリアンタウンには次々と韓流グッズショップやサムギョプサルの店ができ、韓流ブームはメディアも巻き込み、女性を中心に盛り上がっていった。そんな状況を冷ややかに見ていたのが、2ちゃんねるを中心としたネットの掲示板の男たちである。当時のマスメディアには「韓国の男性はロマンチック」「韓国の男性は身長が高くて素敵」といった論調が多く(韓流好き女性のコメントで構成される番組が多かった)、日本の男が見下された感があったため「なんかむかつく」といった状況があり、嫌韓はくすぶり始めてきた。2ちゃんねるでは公然と「チョン」という言葉が使われ「ホロン部」(検索してください)などの言葉も使われていた。

 そして2005年には漫画『マンガ 嫌韓流』(2005年)が大ヒットをし、嫌韓や韓国・在日への差別への土壌は固まってきた。2006年、韓国から「オーマイニュース」という市民記者サイトがやってきて、親韓系の記事が多数書かれるようになり、コメント欄では嫌韓派の荒らしコメントが目立った。オーマイニュースの「市民記者」の中には左翼活動家もおり、親韓・親中の記事も数多く掲載されていた。2ちゃんねるでは韓国を揶揄する書き込みが続々とされ、語尾に「ニダ」をつけてバカにする者も多数いた。(続く)





LEAVE A COMMENT