有働由美子、NHKの仕事ズラリ控え局内に敵は見当たらない – BLOGOS

Home » NHK不祥事 » 有働由美子、NHKの仕事ズラリ控え局内に敵は見当たらない – BLOGOS
NHK不祥事 コメントはまだありません

【”ジジ殺し”ぶりは取材時の武器になるか】

「今後ジャーナリストとしてNHKの番組に出演できるよう精進して参ります」

 こんなコメントとともに、突如発表された、有働由美子アナ(49)のフリー転身。局内からは「寝耳に水の話だった」(NHK局員)という驚きの声も聞かれたが、本人は水面下で着々と“準備”を進めていたようだ。『あさイチ』の関係者がいう。

「4月末にはNHK退局の思いを綴った書籍が発売され、話題になることは間違いありません。近くマネジメントを担当する芸能事務所も決定するようで、早ければ年内には夕方~夜の報道番組のMCが決まるのではないかと噂されています。キャスター候補者の不祥事が続出しているフジテレビなどが名乗りを挙げるのではないか」

 NHKアナウンサーのフリー転身は決して珍しくないが、彼女が異例なのは退局後もNHKでの仕事がズラリと控えていることだ。

 5月12日に放送予定のBSプレミアム『100年インタビュー~松井秀喜~』に出演が決まっている。NHKは「これ以外は未定」(広報局)としたが、それに先立ち、4月5日から有働はヨーロッパに出かけ、BSプレミアムで放送予定の『世界プリンス・プリンセス物語』の取材を行なったという。

 古巣との“密な関係”は今後も続いていくようなのだ。

「有働さんの“ジジ殺し”ぶりは有名で、今回のフリー転身に関してもそれは遺憾なく発揮された。局の幹部たちに挨拶回りして“今後もNHKのために働きたい!”と猛アピールしていたようです。『あさイチ』で共演していた柳澤秀夫・解説委員をはじめ、何人かの先輩たちには“ニュース報道について教えて!”と師弟関係を結んでいる。

 シンパはいても局内に敵が見当たらないのが有働さんのすごいところ。もしかしたらフリーになってからもNHKで帯番組を持ったり、紅白歌合戦の司会にカムバックするなどの展開があるかもしれない」(別のNHK局員)

 女子アナ界の女王がNHKと民放を“同時支配”する日も近い!?

※週刊ポスト2018年4月20日号

LEAVE A COMMENT