取締役「社外出身過半に」商工中金社長 完全民営化「政治判断」 – 日本経済新聞

Home » 金融機関不祥事 » 商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 » 取締役「社外出身過半に」商工中金社長 完全民営化「政治判断」 – 日本経済新聞
商工組合中央金庫(商工中金)不正融資問題 コメントはまだありません

 商工中金の関根正裕社長は日本経済新聞の取材に応じ、社外出身者が取締役会の過半を占める体制に変えると表明した。民間金融機関と融資量を競わない経営にかじを切ると強調。完全民営化については「政治が判断する」と具体的な言及を避けた。

 関根社長は「以前はトップが現場の意見を聞こうとしてもシナリオが決まっており、余計なことを言えば(発言者が)怒られていた」と指摘。風通しの悪さが閉鎖的な風土を生み、不正を誘発…

LEAVE A COMMENT