「稀咲妃」カウンセラー脱税の疑い 国税局が告発 – 朝日新聞

Home » 脱税・申告漏れ » 「稀咲妃」カウンセラー脱税の疑い 国税局が告発 – 朝日新聞
脱税・申告漏れ コメントはまだありません

 「願望成就率98%」などとうたう個人カウンセリングで得た収入を申告せず、所得税約3300万円を脱税したとして、関東信越国税局が落合久美子・カウンセラー(52)=埼玉県杉戸町=を所得税法違反の疑いでさいたま地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、落合カウンセラーは2015年までの3年間に約1億900万円の所得があったのに、確定申告をせず、脱税した疑いがある。

 落合カウンセラーはホームページやSNSで「稀咲(きざき)ファミリアの代表、稀咲妃」と名乗っていた。他のスタッフとともに「占いでは叶(かな)わない願いを叶える秘術」などとうたうカウンセリングをしたり、電話やメールで有料相談を受けたりして利益をあげていたという。

 朝日新聞の取材に対し、「国税局の指摘に基づき申告を終え、納税を済ませた。世間をお騒がせしたことを深くおわびします」と弁護士を通じてコメントした。

LEAVE A COMMENT