国税庁が警報、確定申告「ふるさと納税の申告漏れ」に注意 – ASCII.jp

Home » 脱税・申告漏れ » 国税庁が警報、確定申告「ふるさと納税の申告漏れ」に注意 – ASCII.jp
脱税・申告漏れ コメントはまだありません

確定申告お悩み相談広場
第18回

なぜふるさと納税を申告しなければならないのか!

2018年02月13日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

 国税庁では、「所得税及び復興特別所得税の確定申告の際に誤りの多い事例」を公表しています。

 その中に、「ふるさと納税の適用漏れ」というのがあるわけですが、なぜふるさと納税を申告しなければならないのでしょうか。確認していきましょう!

 ふるさと納税は、「納税」という名前がついていますが、実際には自治体への寄附です。つまり、自己負担金である2000円を除くふるさと納税の額が寄附金控除の対象になるんですね。

 また、ふるさと納税をしたあとに確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる「ワンストップ特例」を申請した人でも「医療費控除などの確定申告を行なう場合」や「寄附先が5団体を超える場合」は、すべてのふるさと納税の申告が必要となりますのでご注意ください!

LEAVE A COMMENT