「サッカー界の嫌われ者50人」を英誌選出 汚職、エルボー、不倫…“悪”の顔ぶれがズラリ – ニコニコニュース

Home » 政治スキャンダル » 「サッカー界の嫌われ者50人」を英誌選出 汚職、エルボー、不倫…“悪”の顔ぶれがズラリ – ニコニコニュース
政治スキャンダル コメントはまだありません

フットボール界のイメージを著しく下落させたブラッター氏がワースト

 フットボール界では華やかなプレーで称賛を集めるスーパースターから、いわゆる“嫌われ者”のヒールまで、様々な役回りがピッチ内外で話題を振りまいている。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」では、「フットボール界の嫌われ者50」と題して特集を実施。ワースト10には、贈収賄事件でFIFA(国際サッカー連盟)の“諸悪の根源”と呼ばれた大物から百戦錬磨のカリスマ指揮官、現代を代表する二大スーパースターの一人まで、様々な顔ぶれがノミネートされている。

「卑劣なオーナーたち、汚れた選手、とんでもない評論家…この業界で最も嫌われた個人を紹介する」

 このように銘打たれた壮大な企画でワーストに選出されたのは、元FIFA会長のゼップ・ブラッター氏だった。

 寸評では「数十年を必要としたが、ブラッターがトップに鎮座していた組織の貪欲さと腐敗は派手な形で暴かれた。フットボールを統治する組織の数多くが失脚した」と言及。1998年から2015年まで務めたFIFA会長の在任中に組織的な不正や汚職の中心人物となったスイス人は、フットボール界のイメージを著しく下落させてしまった。

カリスマ監督、問題発言GKがトップ3入り

 2位はマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督だ。

「ほとんどの人間は紛争を避けようとするものだ。気にとめない人間もいる。ほんの一握りの人間は公にそれを信奉する。争いがなければ人生を全うできないので、エネルギー、モチベーションを注ぎ込む。存在を憎む相手との激突をこよなく愛する」

 記事では、好戦的なポルトガル人指揮官のキャラクターをこのように分析している。特定の対象を公の場で攻撃し、見えないプレッシャーをかけるのが“モウリーニョ流”。名将の敵は数え切れないほどだという。

「新たな敵を作り続けている。アーセン・ベンゲル、エデン・アザール、ペップ・グアルディオラ、カタルーニャ地方とマージーサイド全域の住民、そして、マドリードの半分だ」

 3位は元西ドイツ代表の守護神ハラルト・シューマッハ。選出理由はワールドカップ(W杯)史上に残るある問題行動だ。1982年W杯の準々決勝フランス戦でDFパトリック・バチストンと1対1になった場面で、危険なエルボーを見舞った。バチストンは頭部を強打して気絶し、脊椎や歯を折るなどの重傷を負ったが、ファウルの笛は吹かれず、ゴールキックでプレーは続行された。

 その後の記者会見では「彼に問題があるのなら、入れ歯代は出すよ」という問題発言で物議を醸したシューマッハ。記事では、「ドイツのGKシューマッハは一時期フランスの嫌われ者ランキングでアドルフ・ヒトラーよりも上位に位置した」と振り返っている。

「将軍」は4位、バロンドール受賞者が6位に

 4位は元UEFA会長でフランス代表時代に「将軍」と愛されたミシェル・プラティニ氏だ。2022年のカタールW杯誘致で裏金を受け取っていた汚職が発覚し、サッカー界で4年間の活動停止処分中。寸評では「現代社会の残念な追放者」と一刀両断されている。また、5位になったリチャード・キース氏は、司会を務めた英国のテレビ番組中に女性に対して数々の問題発言が批判を集めて降板を余儀なくされ、「失脚人生」を歩んだ。

 そして、12月7日に2年連続5度目のバロンドールを獲得したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、意外にも6位に名を連ねた。ランキングでワーストのブラッター氏が「自己中心的」とあざ笑った強烈な個性が災いし、多くの人間、対戦相手、中立の人々、そして自軍のサポーターからも嫌われる格好になったと記事では分析。ただその一方で、「彼のエゴは明らかに彼の素晴らしさの産物でもある」と評価もしている。

 7位は元ユベントスの敏腕GM、ルチアーノ・モッジ氏が選出。「カルチョポリ」と呼ばれた主審の買収問題などスキャンダルの“主犯格”となり、ユベントスは二度のスクデット剥奪とセリエB降格を命じられた。モッジ氏自身はサッカー界から永久追放されている。

数々のスキャンダルでテリーも不名誉な選出

 8位は元セネガル代表FWエル=ハジ・ディウフ。リバプール史上最悪の補強とも呼ばれたストライカーは、相手への唾吐き、シミュレーション、重傷を負った選手への挑発などで「彼は憎まれることを熱望しているようだった」と記事では指摘されている。

 9位は英3部MKドンズ会長のピート・ウィンケルマン氏が入り、10位にはアストン・ビラの元イングランド代表キャプテンのDFジョン・テリーが選出された。テリーは元同僚ウェイン・ブリッジの夫人との不倫問題、DFアントン・ファーディナンドへの人種差別発言、障害者用の駐車場に愛車のレンジローバーを置き、ケバブ屋で買い物をするなど数々のスキャンダルから不名誉なワースト10入りとなった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ

LEAVE A COMMENT