ユーロ圏金融・債券市場=伊・スペイン利回り格差縮小、政治不安後退好感 – Reuters Japan

Home » 政治スキャンダル » ユーロ圏金融・債券市場=伊・スペイン利回り格差縮小、政治不安後退好感 – Reuters Japan
政治スキャンダル コメントはまだありません
 [ロンドン 3日 ロイター] - <金利・債券> 米東部時間13時28 分 *先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード 3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33 独連邦債2年物 112.27 -0.01 112.28 独連邦債5年物 131.79 -0.01 131.80 独連邦債10年物 162.74 +0.05 162.69 独連邦債30年物 165.80 +0.14 165.66 *現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード 独連邦債2年物 -0.752 0.000 -0.752 独連邦債5年物 -0.345 +0.005 -0.350 独連邦債10年物 0.368 0.000 0.368 独連邦債30年物 1.182 -0.002 1.184 ユーロ圏金融・債券市場は、イタリアとスペイン国債の利回り格差が1年強ぶりの水
準に縮小した。 わずか6週間前の半分の水準だ。域内の政治リスク懸念が材料視されなくなっている
。 イタリアの選挙法改正に伴い、ポピュリズム政党が来年の選挙で勝利する可能性が低
下したとの見方が市場で広がった。 カタルーニャ自治州独立阻止へスペイン中央政府は厳しい姿勢で臨む事態を投資家ら
が信認する。 アナリストらによると、欧州中央銀行(ECB)の緩和的な金融政策姿勢堅持を背景
に、域内の政治不安後退とみられる状況を市場は歓迎している。 DZ銀行のストラテジストは「ユーロ圏の成長指標が改善する全体的な状況は、(E
CBの)拡張的な姿勢堅持とともに、周辺国の利回り格差に非常にプラスの影響をもたら
す」と話した。 イタリアとドイツ の10年債利回り格差が142ベー
シスポイント(bp)、イタリアとスペイン国債利回り差は30bp。ともに1年強ぶり
の水準に縮小した。 10月の米雇用統計は、雇用の伸びが加速したが、年間の賃金上昇ペースが大きく落
ちており、労働市場の勢いが鈍りつつある兆候もみられた。 米雇用統計も、域内債券利回りを押し下げる材料となった。 ドイツ10年債利回りが7週間ぶり水準の0.35%まで低下、他国の債券利回りも
やや下がった。 (い)
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

LEAVE A COMMENT