インターネットを使った選挙運動について – ニコニコニュース

Home » 政治スキャンダル » インターネットを使った選挙運動について – ニコニコニュース
政治スキャンダル コメントはまだありません

2013年の公職選挙法改正により、選挙期間中にインターネットを利用した選挙運動が可能となりました。

そんなインターネットを利用した国政選挙は、2017年の衆議院議員選挙で4回目を迎えます。

niconicoのユーザーの皆様方には、従来よりお願いしてまいりましたが、niconicoで選挙運動を行う場合は、公職選挙法を遵守の上、各サービスをご利用頂きますようお願い申し上げます。

~公職選挙法 ネット選挙概要~

◆有権者および候補者・政党等は、ウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターやフェイスブック等のSNS、niconico等の動画共有サービスおよび動画中継サイト等)を利用した選挙運動ができます。
 ※ただし、電子メールアドレス等の表示義務があります。

◆候補者・政党等に限り、電子メールを利用した選挙運動ができます。
 ※ただし、氏名、電子メールアドレス等の表示義務や一定の記録の保存義務があります。

◆選挙運動は、公示日から投票日の前日までしか行うことができません。

◆18歳未満の方は選挙運動をすることができません。

その他、インターネットを利用した選挙運動については以下のHPをご覧下さい。

◆総務省|インターネット選挙運動の解禁に関する情報
(2017年10月10日 公開)

LEAVE A COMMENT