バスケット=NCAA巡り贈収賄、監督やアディダス幹部ら10人訴追 – ロイター

Home » 政治スキャンダル » バスケット=NCAA巡り贈収賄、監督やアディダス幹部ら10人訴追 – ロイター
政治スキャンダル コメントはまだありません

[ニューヨーク 26日 ロイター] – 米司法当局は26日、全米大学体育協会(NCAA)のバスケットボール指導者や独スポーツ用品大手アディダス(ADSGn.DE)の幹部など10人を、選手の契約に絡む贈収賄罪で訴追したと明らかにした。

 9月26日、米司法当局は、NCAAのバスケットボール指導者や独スポーツ用品大手アディダスの幹部など10人を選手の契約に絡む贈収賄罪で訴追したと明らかにした。NY地検の会見で撮影(2017年 ロイター/LUCAS JACKSON)

捜査当局は、有望な学生を紹介する見返りとして贈収賄があったと指摘。その中には、ペーサーズなどNBAで13年プレーし、スター選手として活躍した後にオーバーン大学のコーチとなったチャック・パーソン容疑者(53)も含まれている。

パーソン容疑者は、NBA入りが期待できる選手をファイナンシャルアドバイザーやアパレルメーカー関係者に紹介し、9万1500ドル(約1030万円)を不正に受け取るなどしていたという。

またアディダス社の幹部は、有望な高校生を同社が資金提供する大学でプレーさせ、NBA入りした際に同社と契約を結ぶ見返りとして、選手とその家族に10万ドルを渡した罪に問われている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

LEAVE A COMMENT