「ブーメランパヨク」と言われないために、立憲民主党が今から取り組むべき5原則 – BLOGOS

Home » 政治スキャンダル » 「ブーメランパヨク」と言われないために、立憲民主党が今から取り組むべき5原則 – BLOGOS
政治スキャンダル コメントはまだありません

立憲民主党の一次公認候補リストが発表になりました。

第48回衆院選 立憲民主党候補者一覧

この厳しい中立ち上がった予定候補者の皆様には、心からの敬意を表します。

ただ、この立憲民主党に寄せられている懸念もあります。

敢えて侮蔑的な表現を使いますが、「パヨク」扱いされてしまう懸念が存在します。

先日の記事「「立憲民主主義」の反対語は?」でも述べた通り、立憲民主主義を奉じるのは近代国家であれば当然であり、保守・リベラル、右翼・左翼といった主義主張とは関係ありません。

また現在の論調の中では、保守・リベラル、右翼・左翼の本来的意味はだいぶあやふやになっており、単なるラベリングとしてしか機能していないとも感じられます。

なので、敢えて「パヨク」と言ったほうが誤解がないように思います。

この呼び方をされる際の、一定のイメージというものがあるわけです。

なんでも反対、足を引っ張るばかりで生産性がない、与党としての実行力や責任感がない、追及するときは声高なのにすぐ「ブーメラン」で返ってきて、自分のこととなるとてんで甘い。。。

せっかくの新党です。

立憲民主党をゆくゆくは政権交代を狙える政党に成長させようとするなら、今から「原則」を定めてそれを守り、広範な国民からの信頼を積み重ねていけるようにするべきだと思います。

大変僭越ながら、私としては以下の「5原則」を提案します。

1.「Politics is polite!」

「Politics(政治)」は「polite(礼儀正しい)」であるべきです。

批判すべきは批判する必要がありますが、その際でも常に「polite」であるべきです。

侮蔑的な言葉を用いたり、的確な批判以上の攻撃的な表現を用いたりしていると、無用なしこりを残します。

同じような主張をしているのに非常に仲が悪い政治団体同士の、その仲が悪い原因を聞くと、過去に、ちょっとここに書くこともはばかられるような「extremely impolite」なことをやられた、というような話を聞いたりします。

主張や立場が違うからといって、「impolite」であっていい理由にはなりません。

政治は常に「polite」でありたいものです。(自戒も込めて^^;)

2. ダブルスタンダードを認めてはならない

これは「立憲民主党」の名を名乗るなら、絶対に守らなければならない原則です。

民進党には「ダブルスタンダード」がしばしば見られました。

与党議員の不祥事に対して「言語道断だ。議員辞職すべきだ」と批判していたのに、そう言っていた当人が同じ不祥事を起こし、議員辞職するのかというと特にせず。。。

立憲主義はルールの公平な適用を謳うものですから、ダブルスタンダードを認めたら、最も根本的な党の理念が危うくなります。

ダブルスタンダードは、決して認めない。

そして、普段からダブルスタンダードにならないよう、適切で公平な発言に務める。

この原則は特に厳格に守るよう、おすすめします。

LEAVE A COMMENT