麻生氏進退、攻防続く=国会正常化見えず – 時事通信

Home » 政治スキャンダル » 辻元清美衆院議員 森友学園問題3つの疑惑 » 麻生氏進退、攻防続く=国会正常化見えず – 時事通信
辻元清美衆院議員 森友学園問題3つの疑惑 コメントはまだありません

野党欠席のまま審議を行った参院決算委員会=23日午後、国会内

 国会は23日、財務事務次官のセクハラ疑惑に絡む副総理兼財務相の進退問題などをめぐり与野党の攻防が続いた。立憲民主党など野党6党は麻生氏辞任を求め審議を拒否。政府・与党は辞任要求を突っぱね、野党側は一段と態度を硬化させた。「働き方改革」法案など重要法案の処理を残す中、国会正常化のめどは立っていない。
 23日の参院決算委員会は6野党欠席のまま、自民、公明両党と日本維新の会などが2016年度決算の質疑を行った。野党側は同日の衆院議院運営委員会理事会には出席したが、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案の趣旨説明・質疑を24日の本会議で行うとの与党提案に反対。委員長(自民)が職権で本会議開催を決めた。野党側は同日も審議に応じない構えだ。
 与党は、23日の開催が見送られた衆参両院予算委の集中審議について、26日に仕切り直す案を野党側に打診した。だが、加計学園問題で焦点の柳瀬唯夫元首相秘書官(現・経済産業審議官)に関しては参考人招致にとどめる方針で、証人喚問を求める野党側は反発し、「日程協議には一切応じない」と拒否した。

自民党役員会に臨む首相(中央)ら=23日午後、国会内

 一連の政権不祥事を受け、報道各社の世論調査で内閣支持率は下落が続いており、6野党は「通常国会が終わるまで、これらの案件を引っ張りたい」(立憲幹部)と打撃を与え続ける構え。参院側では安倍晋三首相の訪米報告を25日か27日に本会議で行う案が浮上したが、野党内では欠席戦術継続の強硬論が強く、合意に至るか不透明だ。
 6野党は麻生氏辞任のほか、(1)森友・加計学園問題での関係者の証人喚問(2)財務省決裁文書改ざんの月内調査結果公表(3)自衛隊日報問題究明と自衛官暴言の事実確認-を要求。立憲の国対委員長は記者団に「さまざまな疑惑の道は全て首相に通ずる」と語り、首相の決断を迫った。
 これに対し、首相は23日の自民党役員会で「今後も丁寧に説明責任を果たす」と強調した。麻生氏の進退について、官房長官は記者会見で「財務省の陣頭指揮に当たり、信頼回復に努めてほしい」と述べ、続投させる考えを示した。(2018/04/23-20:42)


【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT