野党ヒアリング見直しへ=「官僚いじめ」批判受け – 時事通信

Home » 政治スキャンダル » 辻元清美衆院議員 森友学園問題3つの疑惑 » 野党ヒアリング見直しへ=「官僚いじめ」批判受け – 時事通信
辻元清美衆院議員 森友学園問題3つの疑惑 コメントはまだありません

加計学園問題について内閣府などの担当者(手前)からヒアリングを行う野党議員(奥)=9日午後、国会内

 立憲民主党の、国民民主党の両国対委員長は9日、国会内で会談し、官僚を相手に安倍政権を追及する野党合同ヒアリングについて、在り方を見直す考えで一致した。「官僚いじめ」との批判が出ているためで、今後はテーマを絞り、冷静な対応に努めるなど工夫をこらす。

女性野党議員、黒服で抗議=セクハラ疑惑ヒアリング

 辻元氏は会談後、記者団に「反省点もある」と述べた。国民民主党幹部は「感情的なものをぶつけるのは良くない。在り方や中身を変えていけたらいい」と語った。
 野党ヒアリングは、森友・加計学園問題や財務省決裁文書改ざんなど、政権をめぐる疑惑や不祥事で関連する省庁幹部を呼び、事実関係をただすなど主要野党の追及の場となっていた。
 厚生労働省の不適切データ問題をあぶり出すなど成果も挙げてきたが、審議拒否をしながら会合を開いたり、出席議員が官僚を叱責したりする場面も目立ち、野党内でもイメージ悪化を危惧する声が出ていた。
 9日の加計問題に関するヒアリングは静かな雰囲気で始まったが、政府側の回答に納得がいかない議員が次第にヒートアップ。運用の見直しには時間がかかりそうだ。(2018/05/09-19:11)


【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT