自民、公明両党は、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問に応じることで合意し、27日に衆参両院で実施される模様だ – 3月20日のツイート – BLOGOS

Home » 政治スキャンダル » 舛添要一前東京都知事政治資金問題 » 自民、公明両党は、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問に応じることで合意し、27日に衆参両院で実施される模様だ – 3月20日のツイート – BLOGOS
舛添要一前東京都知事政治資金問題 コメントはまだありません

スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今日は、森友文書改竄問題で焦点が当たっている官僚について、国際比較をします。以下で無料配信中です。http://m.himalaya.fm/73290/album/192248/sound/5796452/country/2/language/jp…

オウム真理教の地下鉄サリン事件から23年、私の教え子の東大生まで一連の事件に関わっていたので愕然とし、急いで『戦後日本の幻影<オウム真理教』という本を書いた。「戦後民主主義」が生み落とした「蛇の卵」が、戦後50年に孵化し、毒蛇となったのがオウム真理教だという認識からである。

文科省が前川前文科次官の授業内容について問い質した件で、自民党文科部会長の赤池誠章参院議員と池田佳隆衆院議員が文科省に経緯を照会していた。法令違反をした者だから問題だとの理屈だが、神の如き善人よりも悪人とされた人間の話を聞いた方が、子供たちの人間理解にも役立つのではないか。

自民、公明両党は、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問に応じることで合意し、27日に衆参両院で実施される模様だ。捜査対象となっているだけに、国会でどこまで証言できるか、ハードルは高い。幕引きの儀式とならないように望む。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

LEAVE A COMMENT